トップ > おしらせ > 2015年 > Android OS向け『NAVITIME』をリニューアル

Android OS向け『NAVITIME』をリニューアル|ナビタイムジャパン

Android OS向け『NAVITIME』をリニューアル

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2015年3月18日(水)よりAndroid OS向け『NAVITIME』をリニューアルいたします。

 『NAVITIME』は、ドアtoドアで徒歩、電車、バス、車などさまざまな交通手段を組み合わせた最適なルートを複数パターン検索することができるサービスです。
 3月上旬よりiOS向け『NAVITIME』を先行してリニューアルし、本日よりAndroid OS向けも、新たなユーザーインターフェース(UI)と新機能で、今まで以上に使いやすいアプリにリニューアルします。


 今回のリニューアルでの主な変更点は、以下の通りです。

ユーザーインターフェース(UI)のリニューアル
・3D地図表示が可能に(iOSと同様)
地図、降雨レーダーを3Dで立体的に表示することができるようになります。
また、地図上にランドマークとなる建物などがある場合は3Dアイコンで表示します。

・「トータルナビ」ルート地図画面のデザイン変更(iOSと同様)
ルート地図画面の下部に経路の概要を表示します。
これにより、画面を切り替えることなくルート全体の確認をすることができます。

・アプリ全体のUIを刷新
Android OSの新しいUIに最適化し、「マテリアルデザイン」を採用します。

・車ルートの検索結果に、「有料道路優先」と「一般道路優先」ルートを表示
目的地までの距離や時間、料金の比較ができます。



新しく追加する機能
・時刻表の絞り込み機能を追加
電車、バス、飛行機などの時刻表にて、当駅始発のみ表示したり、行き先や種別(列車、系統番号、航空会社など)での絞り込みが可能になります。

・オートコンプリート機能を追加(iOSと同様)
出発地や目的地検索時などのフリーワードの入力中に、入力内容から予想したスポットやカテゴリーの候補を表示します。

・天気情報の無料開放(iOSと同様)
現在地や目的地の時間ごとの天気・降水量・気温・風向/風速などの情報や、週間天気予報を無料でご確認いただけるようになります。


※ 「トータルナビ」の徒歩ルートの表示はプレミアムコース(有料)への登録が必要になります。

※ 対象OSは、4.x系以上になります。



サービスイメージ
Android『NAVITIME』リニューアルサービスイメージ.png

ご利用方法
「Google Play」よりアプリをダウンロード
価格:  アプリダウンロード 無料
         プレミアムコース  
    月額:Googleウォレット決済 400円(税込)、ドコモspモード決済 300円(税抜)、
        ソフトバンクまとめて支払い 300円(税抜)、クレジットカード決済 300円(税抜)、
        楽天ID決済 300円(税抜)、Yahoo!ウォレット決済 300円(税抜)


「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。