トップ > プレスリリース > 2015年 > 11月20日(金)より、東急電鉄 武蔵小杉駅のデジタルサイネージ向けに「時刻表・先着列車案内」サービス提供開始

11月20日(金)より、東急電鉄 武蔵小杉駅のデジタルサイネージ向けに「時刻表・先着列車案内」サービス提供開始|ナビタイムジャパン

11月20日(金)より、東急電鉄 武蔵小杉駅のデジタルサイネージ向けに「時刻表・先着列車案内」サービス提供開始

2015年11月19日

株式会社ナビタイムジャパン



11月20日(金)より、東急電鉄 武蔵小杉駅のデジタルサイネージ向けに

「時刻表・先着列車案内」サービス提供開始



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、法人向けにデジタルサイネージ上に時刻表と先着列車案内を表示するサービスを開発し、東京急行電鉄株式会社(代表取締役社長:野本弘文、本社:東京都渋谷区)に採用されました。 


 2015年11月20日(金)より「武蔵小杉」駅にて、2015年11月27日(金)より「武蔵小山」駅にて、駅構内に設置されたデジタルサイネージ上で、「時刻表・先着列車案内」を表示するサービスを提供開始いたします。本デジタルサイネージでは、利用者が画面をタッチして、時刻表の検索や、先着列車の検索が可能です。


 「時刻表」機能では、設置駅を通っている路線別の時刻表を表示できます。画面上のボタンをタッチすると、曜日や方面を切り替えることができます。


 「先着列車案内」機能では、目的地の駅を選択すると、到着時間が早く、かつ乗換回数の少ない順に、乗換案内ルートを表示します。相互直通運転により、行き先や車両の種別が多様化する中で、どの列車に乗れば目的地に最短・最速で着けるのかを調べることができます。


 ナビタイムジャパンは、今後もお客様からの声をお聞きし、より安全で快適な移動の支援ができるよう、サービスの開発に努めてまいります。


●サービスイメージ

東急デジタルサイネージ.gif