トップ > プレスリリース > 2016年 > ウイングアーク1stの第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery」にナビタイムジャパンの「インバウンドGPSデータ」を提供

ウイングアーク1stの第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery」にナビタイムジャパンの「インバウンドGPSデータ」を提供|ナビタイムジャパン

ウイングアーク1stの第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery」にナビタイムジャパンの「インバウンドGPSデータ」を提供

2016年5月10

株式会社ナビタイムジャパン



ウイングアーク1stの第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery」に

ナビタイムジャパンの「インバウンドGPSデータ」を提供

~訪日外国人向け観光戦略の立案に活用できるデータを提供開始いたします~


 

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2016年5月10日(火)より、ウイングアーク1st株式会社(代表取締役社長:内野弘幸、本社:東京都渋谷区)の第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery」へ、「インバウンドGPSデータ」を提供いたします。


 「3rd Party Data Gallery」は、セールス&マーケティング領域などで求められる人口統計データや事業者データ、気象履歴データ、その他各種調査統計データなどの「第三者データ」を提供し、企業の情報活用を支援するサービスです。月額契約でクラウド上のデータを利用したり、データを見たいときに都度オンライン決済で利用することも可能です。


 このたびの取り組みでは、「訪日外国人エリア滞在分布データ」と「訪日外国人エリア相関流動データ」を提供いたします。訪日外国人の人気滞在エリアや、移動実態について知りたいといったニーズに対して、より手軽に国籍別や、市町村レベルでのエリアごとの移動実績を可視化・分析したデータを提供することで、緻密なマーケティング戦略を立案する一助となればと思っております。


●本データの主な特長

  - バックグラウンドで測位されるため、方向別の移動量のデータから地域内回遊や広域流動を把握できる

  - GPSを用いて高解像度に測位されるため、滞在箇所を詳細に把握できる

  - アプリ内のアンケートにて取得された国籍等に基づき、滞在者の特性を把握できる


【3rd Party Data Galleryで提供される「インバウンドGPSデータ」について】

「訪日外国人エリア滞在分布」

外国人観光客の滞在分布を、国籍別に、都道府県別・市町村別・1㎞メッシュ別の4時間帯別(朝6:00~10:00、昼10:00~18:00、夜18:00~22:00、深夜22:00~6:00)の直近過去12ヶ月の蓄積データとして提供。

wingarc_1.jpg


「訪日外国人エリア相関流動」
外国人観光客の、都道府県間・市町村間の滞在の相関関係や方向別の流動状況を、直近過去12か月分の蓄積データとして提供。
wingarc_2.jpg


【インバウンドGPSデータについて】
 当社が提供するスマートフォン向け乗換・観光案内アプリ『NAVITIME for Japan Travel』にてユーザーの同意を得て取得された、訪日外国人の移動実態データです。国籍別、時間帯別の滞在、周遊状況を、都道府県・市町村・1kmメッシュ別などで把握分析することが可能です(国籍等はアプリ内のアンケートにて取得)。


【交通コンサルティング事業について】
ナビタイムジャパンの交通コンサルティング事業では、訪日外国人観光や国内観光、公共交通や道路交通などについて、移動に関する各種ビッグデータを用いて分析しています。http://consulting.navitime.biz/