トップ > プレスリリース > 2016年 > 所沢市内循環バス「ところバス」における、「指定運行経路のナビゲーション」および「バスロケーションシステム」のトライアル実証実験

所沢市内循環バス「ところバス」における、「指定運行経路のナビゲーション」および「バスロケーションシステム」のトライアル実証実験|ナビタイムジャパン

所沢市内循環バス「ところバス」における、「指定運行経路のナビゲーション」および「バスロケーションシステム」のトライアル実証実験

2016年9月30

西武バス株式会社

株式会社ナビタイムジャパン


所沢市内循環バス「ところバス」における

「指定運行経路のナビゲーション」および「バスロケーションシステム」のトライアル実証実験


 

 西武バス株式会社(代表取締役社長:新田力、本社:埼玉県所沢市、以下「西武バス」)と株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区、以下「ナビタイムジャパン」)は、西武バスが所沢市より委託され運行している所沢市内循環バス「ところバス」において、ナビタイムジャパンが提供する運行管理サービス『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』の「指定運行経路のナビゲーション」および「バスロケーションシステム」を用いた実証実験を2016年9月30日(金)より開始いたします。



 本実験は、GPSを搭載したスマートフォン端末を「ところバス」車両に設置して、アプリにて路線バス専用のナビゲーションを表示し、運行ルートの間違いを防止するなど運転業務の確実性を向上させるとともに、スマートフォン端末から取得したバス車両の位置情報をもとに、運行管理者がリアルタイムにバスの走行位置情報を把握することで運行管理業務の効率化を図ります。



 路線バス専用のナビゲーションを表示する「指定運行経路のナビゲーション」機能は、本実験のために西武バスとナビタイムジャパンが協力して新たに開発したもので、本実験の実施予定期間である、2016年9月30日(金)~2016年12月28日(水) までの間、その機能の有効性を確認します。

ところバス.jpg

 

 

 西武バスとナビタイムジャパンは、本実験を通じ、機能の有効性を確認・検証し、引き続き路線バスの安全かつ正確な運行に役立つ機能の充実を図ってまいります。


※『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』とは、複数の社用車を保有されている法人企業向けに、スマートフォンを活用した動態管理、およびカーナビゲーション機能を提供するクラウド型運行管理サービスです。


【本実験の詳細】

①路線バス専用のナビゲーション「指定運行経路のナビゲーション」機能を新たに開発、有効性を確認

「指定運行経路のナビゲーション」機能は、路線バス向けのカーナビゲーションとして、指定されている運行経路を地図上に表示するものです。本実験用に、新たに開発したものになります。

路線バスは、安全かつ正確な運行を行うため、バス時刻表に基づいて定められたルートを運行しています。

事前にアプリに登録したルートのナビゲーションを活用することで、誤運行の防止、運転士の業務支援として役立つか、などを模索します。


②「バスロケーションシステム」を、運行管理者に提供

「バスロケーションシステム」は、リアルタイムにバスの位置情報や混雑状況を把握できるサービスです。

運行管理者には、パソコン画面にて運行状況や遅延情報などをご確認いただけます。


【活用するサービスのイメージ①】

バストライアル実証実験.png



【活用するサービスのイメージ②】

「バスロケーションシステム」全体のイメージ

バスロケプレスモノクロ.jpg


※記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。