トップ > プレスリリース > 2016年 > 『NAVITIMEトラベル』で、英語対応と、観光モデルプランの提供を開始

『NAVITIMEトラベル』で、英語対応と、観光モデルプランの提供を開始|ナビタイムジャパン

『NAVITIMEトラベル』で、英語対応と、観光モデルプランの提供を開始

2016年12月2日


株式会社ナビタイムジャパン



『NAVITIMEトラベル』で、英語対応と、観光モデルプランの提供を開始

~訪日外国人向けに、英語で「旅行プランニング」が可能に。英語の地図を見ながら簡単に計画を立てられます。~


 

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、旅行プランニング&航空券・宿泊施設予約サイト『NAVITIMEトラベル』(https://travel.navitime.co.jp/)にて英語対応と、観光モデルプランの提供を開始いたします。


 『NAVITIMEトラベル』では、「一番行きたい場所」を軸として、宿泊施設や他の観光スポットとの位置関係や移動時間を考慮した旅行プランの作成が簡単に行える「旅行プランニング」機能を提供しております。


 この度の対応により、英語で「旅行プランニング」機能を使えるようになります。スポットリスト、タイムライン、地図がすべて英語表記になるので、日本の地理に詳しくない方でも、地図上で位置関係を確認しながら旅行プランが作成できます。また、スポットからスポットへの移動時間を自動で計算して「タイムライン」に反映するので、日本での移動に慣れていない方でも、簡単に、無理のないプランを作成できます※1


 また、ナビタイムジャパンオリジナルの「観光モデルプラン」の提供も開始いたします。おでかけ情報キュレーションアプリ『Plat by NAVITIME』のオリジナル記事編集ノウハウを生かし、「【3泊4日】北海道をまるごと満喫!王道スポットを巡るモデルコース」や「東京の文化と下町の風情に触れられるプラン」など、様々なエリアの観光モデルプランを提供します。


 これらの観光モデルプランは、「旅行プランニング」機能でも使えるので、気に入った観光モデルプランをベースに、行きたいところを追加したり、興味のないところは削除するなどして、自分好みのオリジナルプランの作成を簡単に行えます。 また、観光モデルプランは、英語でも見られるので、外国人観光客の方も、より簡単に日本の魅力を感じられる旅行プランを作成可能です。


 本日時点で提供している観光モデルプランは、北海道、東京、神奈川、大阪、京都、沖縄の6エリアの合計60プランです。今後、他のエリアや、各エリアでのプラン数を増やしていく予定です。


※1 移動ルートの詳細は、サイト上では英語対応しておりません。訪日外国人向けナビゲーションアプリ『NAVITIME for Japan Travel』をご利用ください。


【サービスイメージ】

NAVITIME travel En.jpg


※ 「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。
※ その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標または登録商標です。