トップ > おしらせ > 2017年 > 対応バス路線に「防長交通」「羽後交通」「三岐鉄道」を追加

対応バス路線に「防長交通」「羽後交通」「三岐鉄道」を追加|ナビタイムジャパン

対応バス路線に「防長交通」「羽後交通」「三岐鉄道」を追加

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、トータルナビゲーションサービス「NAVITIME」、バス専用ナビゲーションアプリ「バスNAVITIME」、乗換案内アプリ「乗換NAVITIME」、KDDI株式会社(代表取締役社長:田中孝司、本社:東京都千代田区)と協業で提供中の歩行者向けナビゲーションサービス「EZナビウォーク」、「auナビウォーク」において、2017年2月10日(金)より、「防長交通」(本社:山口県周南市)、「羽後交通」(本社:秋田県横手市)、「三岐鉄道」(本社:三重県四日市)の路線バスを、対応バス路線に追加いたします。

 今回の「三岐鉄道」の路線バス対応により、三重県内のバス対応率は100%になります※1。今後も、ナビタイムジャパンでは、全国各地の路線バスの対応会社・自治体を順次拡大してまいります。

 ケータイ、スマートフォン端末、パソコンから、バスルート検索のほか、周辺バス停検索、停留所名からのバス停検索、時刻表の確認などが可能です。

※1 2017年2月10日現在。ナビタイムジャパン調べ。バスの対応率とは、三重県内のバス会社が保有するバスの保有台数を元に計算しております。コミュニティバスは除く。

<各路線の特長>
●防長交通
山口県周南市や山口市、美祢市などを運行する路線バスです。世界遺産である「松下村塾」や日本屈指の大鍾乳洞である「秋芳洞」、「防府天満宮」、「瑠璃光寺五重塔」などの観光スポットへのお出かけや、地域の方々の生活の足として活用されています。
防長交通.jpg

●羽後交通
秋田県横手市や湯沢市、大仙市など県南部を中心に運行する路線バスです。観光スポットである「田沢湖」、「乳頭温泉」、「角館」や、毎年開催される「横手のかまくら」、「犬っこまつり」へのお出かけにも利用されています。
羽後交通.jpg

●三岐鉄道
三岐線山城駅を起点に、沿線の住宅地を経由して四日市市街を結ぶ路線などを運行する路線バスです。「鵜森神社」、「諏訪神社」、春には約600本のソメイヨシノが咲き並ぶ「十四川の桜並木」などへのお出かけや、通勤・通学など日常生活の足として活用されています。
三岐鉄道.jpg


◯全国の対応バス路線はこちら
◯対応バス路線更新情報はこちら

※路線バス対応率100%の都道府県は、山形県、福島県、福井県、奈良県、三重県となります。2017年2月10日現在。コミュニティバスは除く。

※「EZナビウォーク」「auナビウォーク」は、KDDI株式会社の商標または登録商標です。
※「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。※その他、記載されている会社名や商品名等は各社の商標または登録商標です。