トップ > おしらせ > 2017年 > 『トラックカーナビ』 準中型自動車に対応

『トラックカーナビ』 準中型自動車に対応|ナビタイムジャパン

『トラックカーナビ』 準中型自動車に対応

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は2017年3月13日(月)より、トラック専用カーナビアプリ『トラックカーナビ』にて、準中型自動車に対応いたします。

 2017年3月12日(日)に施行された改正道路交通法にて、「準中型自動車」が新設され、「中型自動車」「普通自動車」の定義が変更されたことに伴い、車両情報入力後の車種判定に「準中型自動車」を追加し、「中型自動車」「普通自動車」の範囲を変更いたします。

 お客様側での新たな設定は不要で、すでに入力いただいている車両情報(車長、車高、最大積載量、車両総重量)に基づき、自動で車種区分を変更し、規制等を考慮したルート検索やナビゲーションを行います。

0313_truck kubun.jpg

●『トラックカーナビ』について
トラックドライバー向けのカーナビアプリです。トラック※1の通行止め(時間帯による規制も含む)・車高・車幅・重量制限等を考慮したルート検索、ナビゲーションが可能です※2


※1 本アプリの対応範囲は道路交通法にて普通貨物自動車、中型貨物自動車、大型貨物自動車に分類されるものとなります。道路法による一般的制限を越える特殊車両、危険物積載車両、けん引車両には対応しておりません。
※2 アプリの利用には、車種、車高、車幅、重量などの車両情報の登録が必要です。登録されたサイズを元にルートを考慮します。

 「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。