トップ > プレスリリース > 2017年 > 『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』、バス運行管理者向け「バスロケーションシステム」に「指定運行経路ナビゲーション」機能を提供開始

『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』、バス運行管理者向け「バスロケーションシステム」に「指定運行経路ナビゲーション」機能を提供開始|ナビタイムジャパン

『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』、バス運行管理者向け「バスロケーションシステム」に「指定運行経路ナビゲーション」機能を提供開始

2017年4月11


株式会社ナビタイムジャパン



『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』

  バス運行管理者向け「バスロケーションシステム」に、「指定運行経路ナビゲーション」機能を提供開始

 ~路線バスの運行表・バス停を電子化。1系統連続ナビ、早発防止の注意喚起など、バスの運行支援機能が充実~



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2017年4月11日(火)より、法人向けの運行管理サービス『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』にて提供中のバス運行管理者向け「バスロケーションシステム」に、「指定運行経路ナビゲーション」機能を提供開始いたします。


 本機能は、バスの運行をスムーズに行えるように、指定された運行経路やバス停の表示、早発防止機能などを備えたナビゲーション機能です。2016年9月に行った実証実験に合わせて開発を行い、結果を踏まえ、正式な機能として追加することになりました。『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』の管理者画面(PC)にて、「指定運行経路ナビゲーション」機能を選択すると、運転士向けのアプリ(スマートフォン/タブレット等)が、路線バスに特化した画面になります。


 路線バスは、安全かつ正確な運行を行うため、バス時刻表に基づいて定められたルートの運行を行っている特徴があります。ナビタイムジャパンでは、事前に登録した通りのナビゲーションを提供することで、誤運行の防止、運転士の業務支援としてご活用いただければと考えております。


●サービスイメージ

バスロケPRサイト_指定ルートナビ2.png


「指定運行経路ナビゲーション」機能の特徴は、以下の通りです。


・1系統内運行連続ナビゲーション

 起点から終点のバス停までの移動を1つの「系統」として事前に取り込んでおくと、運行対象の一系統をまるごとナビゲーションすることができます。都度入力の手間なく、系統内のバス停案内を自動で行います。カーナビゲーションではスポットを経由地に設定して最適なルートを表示・案内しますが、今回の路線バスに特化した機能では、バス停を経由地として、定められた運行経路に沿ったルートを表示・案内いたします。

・次のバス停案内(早発防止対策)

  ナビゲーション画面上に、次に停車するバス停名と出発時刻などの詳細情報を表示します。現在時刻と比較して早発しそうな場合は、注意音と赤色の時刻表示で注意喚起します。例えば、紙媒体に一覧された運行表の見間違いなどのリスクを未然に防ぐ一助としてご利用になれます。

・オートリルート制御

 オートリルートとは、指定されたルートから外れた場合に、自動でルートを再検索する機能です。進行方向の道で間違えた場合はオートリルートがかかり、そうでない、折り返しや大きな迂回が必要な場所ではオートリルートがかかりにくい制御を行っています。カーナビゲーションの場合はオートリルートすることで、都度、最適なルートを案内しますが、路線バスに特化した本機能では、オートリルートを制御することで、指定の「系統」内のルートに戻すよう促します。

・バス停スキップ機能

 突発的な理由で、万が一バス停を迂回する場合でも、「系統」を外れることなくスキップすることで、次のバス停へ迂回した案内を行います。例えば、交通事故や工事などにより急きょ通行規制が発生した場合に、運行ルートを変更することなく、規制エリアに含まれるバス停を迂回したナビゲーションが可能になります。



●法人向けの運行管理サービス『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』について

複数の社用車を保有されている法人企業様向けに、スマートフォンを活用した動態管理、およびカーナビゲーション機能を提供するクラウド型運行管理サービスです。パソコンとスマートフォン端末があれば、複雑なシステムを導入することなく、すぐに利用を開始できるのが特長です。社用車の配車計画の作成、作業者の現在位置確認、作業ステータスの確認や登録、本格的なカーナビゲーション、およびメッセージの送受信などが行えます。

サービス紹介ページ http://fleet.navitime.co.jp/


※『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』は、経済産業省「サービス等生産性向上IT導入支援事業」の、補助金対象ITツールに認定されています。

参考サイト(2017/4/3)法人向け『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』『ビジネスナビタイム 交通費精算パッケージ』

経済産業省「サービス等生産性向上IT導入支援事業」の、補助金対象ITツールに認定!

http://corporate.navitime.co.jp/topics/pr/201704/03_4095.html


●バス運行管理者向け「バスロケーションシステム」について

高精度な「車両位置測位」「到着予想時刻」など動態管理の技術を活用した、バスを運行する企業様向けのバスロケーションシステムです。ナビタイムジャパンの技術でバス運行を見える化し、正確な運行管理、バス利用者への情報配信を実現します。


お問い合わせ先

ナビタイムジャパン ビジネスナビタイム事業

電 話:03-3402-0825(平日10:00-19:00)

メール:ntj-sd-hp@navitime.co.jp

サイト:http://fleet.navitime.co.jp/buslocation/



「ビジネスナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 

その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。