トップ > おしらせ > 2017年 > 「バス車両と運行システム展」に出展のお知らせ

「バス車両と運行システム展」に出展のお知らせ|ナビタイムジャパン

「バス車両と運行システム展」に出展のお知らせ

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2017年4月19日(水)より開催される「第2回 バス車両と運行システム展」(第2回「駅と空港の設備機器展」の集中展示)に出展いたします。

 ブースでは、運行管理サービス『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』「バスロケーションシステム」、乗換案内や時刻表検索などのコンテンツを提供する『乗換・時刻表・バスロケーションパッケージ』、ビッグデータや経路検索エンジンなどを活用した『バス交通活性化ソリューション』などを展示いたします。展示するサービスは、実際の利用画面などを、アプリやパソコン、デジタルサイネージでご覧いただけます。

≪「バス車両と運行システム展」概要≫
・開催期間:2017年4月19日(水)~21日(金)10:00~17:00
・会場:幕張メッセ  
・入場料:3,000円(事前登録証持参者と学生は無料)
・公式HP:http://www.jma.or.jp/TF/ja/sat/ja/index.html
≪出展場所≫
幕張メッセ 展示ホール7 ブース番号:7D-27

ブース位置.png

≪出展内容≫
①『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』「バスロケーションシステム」
スマートフォン端末を活用してリアルタイムにバス運行情報や混雑度を把握できる、バス事業者様向けのサービスです。同月追加された、バス運転士向けの「指定運行経路ナビゲーション」機能も初出展いたします。

②『乗換・時刻表・バスロケーションパッケージ』
乗換案内や時刻表検索、バスロケーション情報などのコンテンツをパッケージで提供し、バス事業者様のサイトに実装するサービスです。

③デジタルサイネージ向けコンテンツの制作
バス遅延情報やバスロケーション情報、迂回経路情報などのコンテンツをデジタルサイネージ向けに制作が可能です。

④アプリケーション開発
バス事業者様のデータを活用して、運行情報通知やバスロケーション情報表示に対応したアプリケーションの制作が可能です。

⑤『バス交通活性化ソリューション』
ナビタイムジャパンのビッグデータや経路探索エンジン、バス事業者様の時刻表データなどを活用したコンサルティングサービスです。バスの乗り継ぎ利便性評価やバス路線の需要喚起などの分析結果を、分析事例をもとに展示パネルでご紹介いたします。


※ 「ビジネスナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
※ その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標または登録商標です。