トップ > プレスリリース > 2017年 > ナイトレイとナビタイムジャパンがデータ連携を開始 訪日外国人のSNS解析データと移動実態データを組み合わせた新サービス「周遊データプラン」をリリース

ナイトレイとナビタイムジャパンがデータ連携を開始 訪日外国人のSNS解析データと移動実態データを組み合わせた新サービス「周遊データプラン」をリリース|ナビタイムジャパン

ナイトレイとナビタイムジャパンがデータ連携を開始 訪日外国人のSNS解析データと移動実態データを組み合わせた新サービス「周遊データプラン」をリリース

2017年6月27


株式会社ナイトレイ

株式会社ナビタイムジャパン



ナイトレイとナビタイムジャパンがデータ連携を開始 

訪日外国人のSNS解析データと移動実態データを組み合わせた

新サービス「周遊データプラン」をリリース



 訪日外国人行動解析サービス「inbound insight」を提供する株式会社ナイトレイ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石川豊、以下ナイトレイ)と、株式会社ナビタイムジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西啓介、以下ナビタイムジャパン)は、データ連携を開始します。ナビタイムジャパンの提供する移動実績データ「インバウンドGPSデータ」を活用し、ナイトレイの運営する訪日外国人旅行者行動解析サービス「inbound insight」に新サービス「周遊データプラン」としてリリースします。

 

画像1.png


◾ データ連携の背景と新サービスの概要

政府観光局の発表によると2016年の訪日外国人観光客数は前年比21.8%増2403万9千人、消費額は同7.8%増の3兆7476億円と過去最高を更新しました。しかしながら、地域毎の訪問率の偏りは否めず、今後は詳細にターゲットの行動を把握し「いかに周遊を促し消費させるか?」といったマーケティング施策の立案が企業のインバウンド対策や地方創生の要になると予想されます。


そのような状況の中、ナイトレイはこれまで、外国人の周遊ルートがわかるサービスとして、訪日外国人行動解析ツール「inbound insight(インバウンド インサイト)・SNS解析プラン」の一機能として提供しておりましたが、より詳細にターゲットの行動を把握できるサービスの要望をいただいておりました。


このたび、ナビタイムジャパンの提供する移動実績データ「インバウンドGPSデータ」を活用することで、都道府県・市町村単位の移動元、移動先、人気の滞在エリアをより詳細に分析が可能になり、「inbound insight・周遊データプラン」として提供を開始いたします。

 

画像4.png

◾ 周遊データプランの特徴

・市区町村単位の移動元、移動先の表示

・全国の流動状況、ルートの把握が可能

・都道府県・市町村の人気の滞在エリアを表示

・国籍をアジア系と欧米系の2地域に分け、20か国を分析


◾ 価格

詳細は「inbound insight」ウェブサイトをご覧ください。

http://inbound.nightley.jp/


◾ 今後の展開

ナイトレイでは「ロケーション解析で人々の生活を豊かに」というミッションのもと、外部の新しい技術も積極的に採り入れ、サービスを開発しております。今回のナビタイムジャパンとのデータ連携もその一環で、今後もロケーションデータ解析を企業のマーケティング戦略に活用できる新サービス及び、既存サービス「SNS解析プラン」に連携した機能の開発を進めてまいります。


ナビタイムジャパンでは、訪日外国人の移動実態について知りたいといったニーズに対して、より手軽に都道府県・市町村単位の移動元、移動先、移動時期、人気の滞在エリアを可視化・分析したデータを提供することで、緻密なマーケティング戦略を立案する一助となればと思っております。


◾ 株式会社ナイトレイ 会社概要

会社名:株式会社ナイトレイ

所在地:東京都渋谷区南平台町15-11 南平台野坂ビル4F

代表者:代表取締役 石川豊

事業内容:訪日外国人観光客解析サービス「inbound insight(インバウンド インサイト)」及び自社アプリ「ABC Lunch」「Zou Zou」のの開発・運用。ロケーションデータ解析及びコンサルティング業務。

URL:http://nightley.jp/

【inbound insightについて】

「inbound insight(インバウンド インサイト)」は、ナイトレイが提供する訪日外国人の位置・移動情報に特化したSNS解析サービスです。Twitter等のSNS上に公開されている投稿内容を大規模にリアルタイム解析することで、行動場所やクチコミ・国籍・性別・移動経路などをデータベース化し、ASP型分析ツールと解析結果データとして提供します。


◾ 株式会社ナビタイムジャパン 会社概要

会社名:株式会社ナビタイムジャパン 

所在地:東京都港区南⻘⼭ 3-8-38 南⻘⼭東急ビル

代表者:代表取締役社⻑ ⼤⻄啓介

事業内容:トータルナビゲーションサービス「NAVITIME」などのナビゲーションサイト・アプリの運営・開発/交通コンサルティング事業/経路探索エンジンのライセンス事業/経路付地図配信ASP事業/ビジネスナビタイム事業/法人向けソリューション事業/Webメディア事業/テレマティクス事業 /海外事業

URL:http://corporate.navitime.co.jp/


【インバウンドGPSデータについて】

インバウンドGPSデータとは、ナビタイムジャパンが提供するスマートフォン向け乗換・観光案内アプリ「NAVITIME for Japan Travel」にてユーザーの同意を得て取得された、訪日外国人の移動実態データです。国籍別、時間帯別の滞在、周遊状況などを分析することが可能です(国籍等はアプリケーション内のアンケートにて取得)。

<主な特徴>

 ・バックグラウンドで測位されるため、方向別の移動量のデータから地域内回遊や広域流動を把握できる

 ・GPSを用いて高解像度に測位されるため、滞在箇所を詳細に把握できる

 ・アプリ内のアンケートにて取得された国籍等に基づき、滞在者の特性を把握できる


◾ 本件に関するお問い合わせ先

株式会社ナイトレイ

Email:info@nightley.jp


株式会社ナビタイムジャパン

交通コンサルティング事業

Email:consulting-group@navitime.co.jp

交通コンサルティング事業紹介サイト:http://consulting.navitime.biz/