トップ > プレスリリース > 2017年 > 『カーナビタイム』『トラックカーナビ』「乗降IC指定」機能を提供開始

『カーナビタイム』『トラックカーナビ』「乗降IC指定」機能を提供開始|ナビタイムジャパン

『カーナビタイム』『トラックカーナビ』「乗降IC指定」機能を提供開始

2017年9月5


株式会社ナビタイムジャパン


『カーナビタイム』『トラックカーナビ』「乗降IC指定」機能を提供開始

~乗り降りしたい高速道路のIC(インターチェンジ)を指定したルート検索が可能に~



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2017年9月5日(火)よりiOS向けカーナビアプリ『カーナビタイム』およびAndroid OS向けトラック専用カーナビアプリ『トラックカーナビ』において「乗降IC指定」機能の提供を開始いたします。


 「乗降IC指定」機能とは、乗り降りしたい高速道路のICを指定したルートの検索ができる機能です。地図画面上で出発地と目的地の位置を確認しながら、直感的に乗り降りしたいICを指定できます。さらに出口のみのICなど、乗ることができないICは指定ができないようになっていますので、乗り降りそれぞれのICを迷わず検索することができます。

 本機能はこれまで多くのユーザーからご要望をいただいていており、この度ついに提供を開始しました。


 各アプリ、「乗降IC指定」機能の特長は以下の通りです。


●『カーナビタイム』

・既存機能である「ルートカスタマイズ」機能に「乗降IC指定」機能を加えることで、高速道路とICが同時に指定できるようになります。これによりユーザー好みのルートを案内することが可能です。

・「乗降IC指定」機能はルート検索後、乗り降りしたいIC指定をすると、ルートをすぐに再検索し新ルートの時間、料金、距離と元ルートとの差を表示します。

・本機能の提供により「走り慣れている区間のみ高速道路に乗りたい」、「高速料金を安くしたいため手前のICで降りたい」など、目的に合わせたルートの編集ができます。

【サービスイメージ】

20170904カーナビタイムサービスイメージ.png

●『トラックカーナビ』

・ルート検索前に、乗り降りしたいICの選択ができます。

・ルート検索時に地図画面上でICをタップすることで、自分が利用したいICを指定してルート検索することが可能です。

・決められた高速料金で運行しなければならない場合でも、ICを指定してルートを検索できるので、高速料金

を比較しながらルートを決めることができます。

【サービスイメージ】

20170904トラックサービスイメージ.png
 ナビタイムジャパンでは、これからも、ユーザーの好みや利用シーンに合わせた最適なルートおよびナビゲーションの提供を目指し、機能の拡充に努めてまいります。

 なお、Android OS向け『カーナビタイム』およびiOS向け『トラックカーナビ』にも、今後対応を予定しております。


「NAVITIME」「カーナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。