トップ > プレスリリース > 2017年 > 『NAVITIME Travel』、 台湾エリアの「旅行プランニング」機能に、「自動プランニング」機能を追加

『NAVITIME Travel』、 台湾エリアの「旅行プランニング」機能に、「自動プランニング」機能を追加|ナビタイムジャパン

『NAVITIME Travel』、 台湾エリアの「旅行プランニング」機能に、「自動プランニング」機能を追加

2017年9月14


株式会社ナビタイムジャパン


『NAVITIME Travel』、

台湾エリアの「旅行プランニング」機能に、「自動プランニング」機能を追加



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2017年9月14日(木)より、旅行プランニング&航空券・宿泊施設予約サイト『NAVITIME Travel』にて提供中の台湾エリアの「旅行プランニング」機能に、「自動プランニング」機能を追加いたします。


 『NAVITIME Travel』では、「一番行きたい場所」を軸として、宿泊施設や他の観光スポットとの位置関係や移動時間を考慮した旅行プランの作成が簡単に行える「旅行プランニング」機能を提供しております。あらかじめ、行きたいスポットをお気に入りに保存しておき、旅行プラン作成画面にて、訪問したい日時の欄にドラッグ&ドロップするだけで、移動ルートと時間を考慮したプランを作成できます。


 「自動プランニング」機能は、あらかじめ行きたいスポットを複数保存しておくと、位置や移動時間を考慮して最適な旅行プランを自動で作成する機能です。これまでのプラン作成機能では、ユーザーが順路を指定する必要がありましたが、このたび、自動で効率のよい順路を組めるようになり、初めての土地でも、簡単に、無理のないプランを作成できます。1日で回りきれるプランや、2泊3日で回れるプランなど、スポット数に応じた提案が可能です。作成したプランはURLにて共有でき、PCとスマートフォンで確認できます。


 また、同日より、目的地周辺のホテルを提案する機能を追加いたします。「自動プランニング」にてプラン作成後、「ホテル」ボタンを押下すると、1日の最終目的地に近いホテルと価格が地図上に表示されます。表示されたホテルは、『NAVITIME Travel』にてそのまま予約することもできます。


 今後もナビタイムジャパンは、ユーザーの皆さまにとって、より最適な旅行プランの作成をサポートするサービスの拡充に努めてまいります。


●サービスイメージ

・あらかじめ行きたいスポットを複数保存しておくと、位置や移動時間を考慮して最適な旅行プランを自動で作成できる。

 スマートフォンへの共有も可能。

台湾トラベル①-2.png

・旅行プラン作成後に「ホテル」ボタンを押下すると、目的地に近いホテルと価格が地図上に表示される。
台湾トラベル②-2.png
●『NAVITIME Travel』台湾エリアの「旅行プランニング」機能

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。