トップ > おしらせ > 2017年 > 『NAVITIME』『乗換NAVITIME』「駅構内ルート」のデザインを一新し、対応エリアを33エリアから45エリアに拡大

『NAVITIME』『乗換NAVITIME』「駅構内ルート」のデザインを一新し、対応エリアを33エリアから45エリアに拡大|ナビタイムジャパン

『NAVITIME』『乗換NAVITIME』「駅構内ルート」のデザインを一新し、対応エリアを33エリアから45エリアに拡大

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2017年10月11日(水)より、総合ナビゲーションアプリ『NAVITIME』および乗換案内アプリ『乗換NAVITIME』の「駅構内ルート」をリニューアルし、対応エリアを33エリアから45エリアに拡大いたします。

 「駅構内ルート」とは、全国の主要なターミナル駅を対象に、駅構内の乗換ルートを静止画で表示する機能です。ルート詳細画面より、「構内図」をタップすると「駅構内ルート」をご覧になれます。
 このたびのリニューアルでは、従来の「駅構内ルート」からデザインを一新し、より見やすく分かりやすいデザインに変更いたします。ルートの視認性が向上したことにより、複雑な駅構内など、これまで以上に安心して移動することができます。
 変更点は以下の通りです。

・最適な乗換ルートの表示
ナビタイムジャパンの独自調査により、駅構内における乗換専用改札の位置や乗換導線などの確認を行い、機能に反映することで、実際の乗換時に最適なルート表示が可能になります。

・視認性の良い配色やデザイン
駅構内図全体の配色を調整することで、視認性が向上しました。駅や施設名がより見やすくなるよう、フォントサイズや色の変更を行っています。

・アイコンやテキストなど表示情報の精査
駅構内にある店舗やコインロッカーなど、最新の情報を表示し、視認性の妨げになりそうな要素を削除しています。目印となる施設アイコンのみを表示することで、より直感的に乗換ルートや場所の把握をしやすくします。

 ナビタイムジャパンでは、今後も機能の充実を図り、さらなるサービスの向上に努めてまいります。

※『NAVITME』では、「屋内地図」に対応しているエリアでは、「駅構内ルート」ではなく「屋内地図」が表示されます。

【サービスイメージ】
サービスイメージ.png
●対応エリア
・新規対応エリア
高田馬場、お茶の水、御徒町/上野御徒町/仲御徒町/上野広小路、新宿三丁目、霞が関(東京都)、国会議事堂前/溜池山王、春日/後楽園、武蔵小杉、新横浜、金山(愛知県)、新大阪、鶴橋

・既存対応エリア
東京、新橋、品川、渋谷、代々木、新宿、池袋、日暮里、上野、秋葉原、神田(東京都)、四ツ谷、市ヶ谷、飯田橋、西船橋、北千住、有楽町/日比谷、浜松町/大門、大手町(東京都)、神保町、日本橋(東京都)、浅草、銀座(東京都)、永田町/赤坂見附、横浜、大宮(埼玉県)、名古屋、京都、大阪/梅田、京橋(大阪府)、天王寺、なんば、三ノ宮

●『NAVITIME』アプリダウンロード

●『乗換NAVITIME』アプリダウンロード


※「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は各社の商標または登録商標です。