トップ > プレスリリース > 2017年 > 法人向け、多言語で駅間の乗換検索画面を表示するブログパーツ 「乗換検索ウィジェット」を提供開始

法人向け、多言語で駅間の乗換検索画面を表示するブログパーツ 「乗換検索ウィジェット」を提供開始|ナビタイムジャパン

法人向け、多言語で駅間の乗換検索画面を表示するブログパーツ 「乗換検索ウィジェット」を提供開始

2017年11月13


株式会社ナビタイムジャパン



法人向け、多言語で駅間の乗換検索画面を表示するブログパーツ

「乗換検索ウィジェット」を提供開始



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2017年11月13日(月)より、多言語に対応した「乗換検索ウィジェット」を、企業向けに提供開始いたします。


 「乗換検索ウィジェット」とは、駅間の乗換検索画面を企業様のサイト上に配置することのできるブログパーツです。このブログパーツに出発駅・到着駅を入力すると、ナビタイムジャパンのWebサイト上で、乗換ルート検索結果を確認することができます。縦横サイズを自由に変更できるため、PCやスマートフォンなどさまざまなサイトで簡単に利用が可能です。本サービスは無料です。


 近年著しく増加する訪日外国人観光客による旅マエの利用を想定し、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語の4言語に対応しています。また、JRグループ6社が共同で提供する、JRグループの新幹線や特急列車、普通列車などに乗ることができる、外国人観光客専用のフリーパス「JAPAN RAIL PASS」に対応したルート検索が可能です。


 本コンテンツはすでに、日本旅行オーストラリア(代表取締役社長:岩本 峰男、本社:オーストラリア・シドニー)の運営するWebサイト「SACHI TOURS by NTA Australia」や、東武鉄道株式会社(取締役社長:根津 嘉澄、本社:東京都墨田区)の運営する東武鉄道公式Webサイトにて活用されています。


 ナビタイムジャパンは今後も、訪日外国人観光客のニーズについて調査を行い、日本の受入環境整備に貢献いたします。




【サービスイメージ】


image.png




●ナビタイムジャパン『NAVITIME Travel』Webサイト内、多言語「乗換検索ウィジェット」表示ページ

https://jp-travel.navitime.com/en/transit/


●多言語「乗換検索ウィジェット」活用Webサイト

SACHI TOUTRS by NTA Australia : https://www.sachitours.com.au/Japan_Rail_Pass.html

東武鉄道公式Webサイト:http://www.tobu.co.jp/foreign/en/


●多言語「乗換検索ウィジェット」にお問い合せ先
株式会社ナビタイムジャパン メディア事業部 

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 

その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。