トップ > プレスリリース > 2017年 > 訪日客向け 観光庁の実証実験に参画、観光庁監修の災害情報アプリ『Safety tips』と連携し情報配信

訪日客向け 観光庁の実証実験に参画、観光庁監修の災害情報アプリ『Safety tips』と連携し情報配信|ナビタイムジャパン

訪日客向け 観光庁の実証実験に参画、観光庁監修の災害情報アプリ『Safety tips』と連携し情報配信

2017年11月16


株式会社ナビタイムジャパン



訪日外国人向け、観光庁の実証実験に参画

観光庁監修の災害情報アプリ『Safety tips』と連携し、災害情報を配信



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2017年11月15日(水)より、観光庁が訪日外国人向けに、災害情報提供促進の一環として提供している災害情報配信アプリ『Safety tips』と連携し、訪日外国人向けナビゲーションアプリ『NAVITIME for Japan Travel』にて、災害情報を配信開始いたしました。


 このたびの取り組みでは、観光庁監修のアプリ『Safety tips』と連携を行うことにより、ナビタイムジャパンのアプリ『NAVITIME for Japan Travel』にて情報配信を希望したユーザーに対して、災害が起きた場合に、現在地周辺の災害情報をプッシュ通知にてお知らせします。


 配信される情報は、日本国内における緊急地震速報、津波警報、気象特別警報、噴火速報などで、これらの情報をプッシュ通知でお知らせします。さらに、通知をタップすると、アプリ内でそのまま詳細情報を確認することができます。また、アプリ内の「Disaster Information」タブから確認することも可能です。対応言語は、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語の4言語です。

 本実験の効果を測定するため、アンケートをあわせて実施します。


 本実験を通じて、より多くの方に情報配信ができるようになり、自然災害の多い日本において、外国人観光客がより安心して旅行できるよう受入環境整備に貢献できればと考えております。


■対象サービス

『NAVITIME for Japan Travel』(Android OS、iOS

※iOS向け『NAVITIME for Japan Travel』には、近日対応を予定しています。


■実験期間

 2017年11月15日(水)~2018年2月23日(金)



【サービスイメージ】

image.png


■利用方法

『NAVITIME for Japan Travel』をダウンロードのうえプッシュ通知に同意すると災害情報が配信される。

Android OS: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.inbound.walk

iOShttps://itunes.apple.com/us/app/navitime-for-japan-travel/id686373726?mt=8


■『NAVITIME for Japan Travel』との連携に関するお問い合わせ

株式会社ナビタイムジャパン メディア事業部

https://www.navitime.co.jp/ad/

Email:media-business-team@navitime.co.jp


「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 

その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。