トップ > おしらせ > 2017年 > 法人向け『NAVITIME API』、「バスルート検索」「周辺バス停検索」機能を追加

法人向け『NAVITIME API』、「バスルート検索」「周辺バス停検索」機能を追加|ナビタイムジャパン

法人向け『NAVITIME API』、「バスルート検索」「周辺バス停検索」機能を追加

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2017年12月1日(金)より、法人向け『NAVITIME API』にて、「バスルート検索」機能と、「周辺バス停検索」機能を追加いたします。

 『NAVITIME API』とは、『NAVITIME』『カーナビタイム』などの個人向けサービス内で提供しているルート検索や地図表示などの機能をAPIで提供する、ナビタイムジャパンの法人向けサービスです。お客様は自社でナビゲーション機能を組み込んだシステム開発が可能です。PCサイトやスマートフォン向けアプリに簡単に組み込むことが可能です。
 これまでのルート検索では、出発地から目的地まで、徒歩、電車、車、自転車を組み合わせたルート検索が可能でしたが、今回より、バスを利用したルート検索にも対応いたします。また、現在地周辺のバス停を検索し、バス会社や路線名などバス停情報の確認も可能になります。

 『NAVITIME API』は、通勤通学時間を指定した物件や求人検索、交通費清算などのサービスで活用されており、このたびの対応により、バスを活用したルート検索を提供できるようになるため、例えば、物件紹介サイトでは、最寄り駅から遠くてもバス停から近い物件を案内できるようにしたり、交通費清算サイトでは、電車、飛行機、バスを組み合わせた一貫したルート検索を提供することが可能になります。物件の新たな提案や、交通費精算の作業時間やコスト削減など、目的に応じた開発が可能になります。

【サービスイメージ】
サービスイメージ.png

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。