トップ > プレスリリース > 2018年 > 『乗換NAVITIME』 にて、「近い駅提案ルート」を提供開始

『乗換NAVITIME』 にて、「近い駅提案ルート」を提供開始|ナビタイムジャパン

『乗換NAVITIME』 にて、「近い駅提案ルート」を提供開始

2018年2月27


株式会社ナビタイムジャパン



 『乗換NAVITIME』 にて、「近い駅提案ルート」を提供開始

~発着駅近くに複数の最寄り駅がある場合に、検索ログから分かったよく再検索されるルートを表示。~



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、 2018年2月27日(火)より乗換案内アプリ『乗換NAVITIME』にて、「近い駅提案ルート」を提供開始いたします。


 「近い駅提案ルート」とは、駅間の乗換ルートを検索する際に、ユーザーが入力した出発駅/到着駅の周辺に複数の最寄り駅がある場合に、よく再検索されているルートがあることを画面表示にて確認できる機能です。


 本ルートは、『乗換NAVITIME』利用者のルート検索ログデータをもとに、発着駅を変更して再検索されているルートから、よく比較されている駅やルートの組み合わせを分析し、該当する組み合わせがある場合に、通常のルート検索結果に加えて表示いたします。


 例えば、東京ビッグサイトに行きたい場合に、東京駅発→りんかい線国際展示場駅着のルートを検索すると、東京駅発→ゆりかもめ国際展示場正門駅着のルートを選択肢として表示します。

 通常ルートと比較できるよう一覧表示するため、再検索や複数画面を照らし合わせる手間が省けます。


 このたびの対応により、乗換ルートの選択肢を複数提案することで、所要時間や料金、乗換回数などを比較しながら選択することが可能になり、ユーザーにとってより最適なルートを見つけることができるため、意思決定の一助としてご利用いただけます。


 ナビタイムジャパンでは、今後も機能の充実を図り、さらなるサービスの向上に努めてまいります。


●サービスイメージ

サービスイメージ.png


●『乗換NAVITIME』アプリダウンロード

iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/id528532387

Android OS:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.nttransfer



「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。