トップ > おしらせ > 2018年 > 「桜・お花見特集2018」を公開開始。リアルタイムの桜の開花状況が確認できる。多言語にも対応

「桜・お花見特集2018」を公開開始。リアルタイムの桜の開花状況が確認できる。多言語にも対応|ナビタイムジャパン

「桜・お花見特集2018」を公開開始。リアルタイムの桜の開花状況が確認できる。多言語にも対応

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2018年2月28日(水)より、PCやスマートフォンで、リアルタイムの桜の開花状況が確認できる「桜・お花見特集2018」を公開いたします。また、今回の公開より、多言語にも対応いたします。

 本特集では、日本全国約1,000件のお花見スポットを掲載して、現在地周辺もしくは都道府県別に開花状況などをご確認いただけます。

 リアルタイムの開花状況は毎日更新され、「つぼみ」「咲き始め」「5分咲き」「7分咲き」「満開」「散り始め」「葉桜」の7段階で表示します。お花見スポットの詳細情報では、開花状況の他にも、スポットの紹介や見頃予想、開催期間、夜間鑑賞の可否、イベント情報なども見ることができます。
 また、エリア別にスポットの絞込検索も可能です。開花状況や施設条件を設定して検索できるため、お出かけの計画を立てるときの情報収集として、便利にご利用いただけます。

 さらに、近年、中国や韓国、シンガポールなどの国々より、お花見を楽しもうと桜の開花シーズンに合わせて日本を訪れる旅行者が増加している背景や、訪日外国人観光客向けナビゲーションアプリ『NAVITIME for Japan Travel』の移動ログデータなどから、訪日外国人観光客がお花見スポットを訪れる傾向がみられ、今回より、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語の4言語に対応し、約250件のお花見スポットを多言語でご覧いただけるようになります。

 なお、カーナビゲーションアプリ『NAVITIMEドライブサポーター』、『カーナビタイム』、バイク専用ナビゲーションアプリ『ツーリングサポーター』では、地図上に、リアルタイムの桜開花状況を7段階で表す「スポットアイコン」が表示されます。旅行プランニング・予約アプリ『NAVITIME Travel』では、お花見特集記事の配信や、全国のお花見スポットを一覧で表示したり、行きたいお花見スポットを追加してオリジナル旅行プランの作成も可能です。

●「桜・お花見特集2018」スマートフォン・PCサイト 
https://travel.navitime.com/ja/area/jp/feature/hanami/

●サービスイメージ
0227_サービスイメージ画像(日本語).png



「NAVITIME」「ドライブサポーター」「カーナビタイム」「ツーリングサポーター」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。