トップ > おしらせ > 2018年 > 『NAVITIME』『乗換NAVITIME』、「車両別混雑度表示」機能にて、銀座線に対応

『NAVITIME』『乗換NAVITIME』、「車両別混雑度表示」機能にて、銀座線に対応|ナビタイムジャパン

『NAVITIME』『乗換NAVITIME』、「車両別混雑度表示」機能にて、銀座線に対応

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、 2018年3月16日(金)より、総合ナビゲーションアプリ『NAVITIME』および乗換案内アプリ『乗換NAVITIME』の「車両別混雑度表示」機能にて、銀座線に対応いたします。

 「車両別混雑度表示」機能とは、列車の車両ごとに、混雑度を6段階に分けて表示するもので、対象列車は平日の全列車です。混雑度は、各列車の「停車駅リスト」の「車両情報」画面に表示します。2017年6月27日(火)より、東急田園都市線の混雑度を提供しており、今回新たに、銀座線に対応いたします。

 このたびナビタイムジャパンでは、一日108.7万人が利用する※1銀座線の車両ごとの混雑度を予測・算出する技術を独自開発いたしました。車両ごとの混雑度を表示するため、銀座線のすべての車両を対象に地道な調査を行い、混み具合のデータを整備いたしました。また、整備したデータに加え、東急田園都市線の「車両別混雑度表示」機能を提供してきたノウハウと、経路探索エンジンを用いたナビタイムジャパン独自の「電車混雑シミュレーション」技術を活用し、銀座線にも対応が可能になりました。

 空いている車両を「見える化」することで、通勤時など利用する列車の乗車時間を変えることができない場合でも、お客さま自身で空いている車両を選択し、快適かつスムーズにご乗車いただけるようになります。

 今後もナビタイムジャパンでは、対象路線の拡大や予測精度のさらなる向上に努め、お客さま一人ひとりの安全、安心、快適な移動を実現し、さらに列車の混雑の平準化をめざしていきます。

※1 2015年度の一日平均輸送人員。ナビタイムジャパン調べ。


●サービスイメージ
サービスイメージ画像.png

●『NAVITIME』アプリダウンロード

●『乗換NAVITIME』アプリダウンロード



「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。