トップ > プレスリリース > 2018年 > 自転車安全・安心プロジェクト第2弾 自転車ながらスマホの疑似体験VRや、危険性検証の実証実験を実施

自転車安全・安心プロジェクト第2弾 自転車ながらスマホの疑似体験VRや、危険性検証の実証実験を実施|ナビタイムジャパン

自転車安全・安心プロジェクト第2弾 自転車ながらスマホの疑似体験VRや、危険性検証の実証実験を実施

2018年3月20


KDDI株式会社

株式会社ナビタイムジャパン

au損害保険株式会社



 自転車安全・安心プロジェクト第2弾

自転車ながらスマホの疑似体験VRや、危険性検証の実証実験を実施   

~プロジェクト賛同で1,000名様にロールケーキをプレゼント~



 KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 孝司、以下 KDDI)、株式会社ナビタイムジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西 啓介、以下 ナビタイム)、au損害保険株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:遠藤 隆興、以下 au損保)は、2018年3月20日より、自転車ながらスマホの撲滅、および高額賠償の備えに関する意識向上を図るため「自転車安全・安心プロジェクト第2弾」(以下「本プロジェクト」)を開始します。



自転車安全安心プロジェクト①.png

 本プロジェクトでは、「VR(バーチャルリアリティー)」により、自転車ながらスマホの危険性を疑似体験できる「STOP!自転車ながらスマホ体験VR」を制作しました。利用者は、VRを通じて自転車ながらスマホ時と、通常の自転車運転時の視野やブレーキ反応速度の比較を体験することができます。

 本VRは、今後さまざまなイベントなどで活用していく予定です。


自転車安全安心プロジェクト②.png
<「STOP! 自転車ながらスマホ体験VR」イメージ>


 また、視線の動きを計測することで、ながらスマホをしながら自転車走行した場合の危険性を検証する実証実験を実施しました。実証実験の詳細についてはこちらのニュースリリースを参照ください。


自転車ながらスマホで、歩行者の見落とし率が5割増

~KDDI、実証実験により、自転車ながらスマホ走行時の視線を分析~

http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2018/03/20/3025.html


(動画)自転車ながらスマホの危険性を検証!


 さらに、2018年3月20日から4月19日の間、本プロジェクトに賛同して、au公式Twitterアカウントで投稿するキャンペーン対象ツイートをリツイートすると、抽選で1,000名さまにローソン ウチカフェ プレミアムロールケーキが貰える「STOP!自転車ながらスマホキャンペーン」を実施します。


 キャンペーンの詳細は、auホームページ( https://www.au.com/finance/campaign/nonlife-insurance/bicyclepj0320/ ) 、

自転車NAVITIMEアプリお知らせサイト(http://products.navitime.co.jp/service/bicycle/)からご確認ください。

 

 今後も、KDDI、ナビタイム、au損保は、「自転車安全・安心プロジェクト」の展開を通じて、自転車を安全・安心に利用できる社会の実現を目指していきます。


本プロジェクトの詳細は別紙をご参照ください。
別紙:自転車を安全・安心に利用できる社会の実現へ「自転車安全・安心プロジェクト」第2弾を開始

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。