トップ > おしらせ > 2018年 > 「ロケーション ビジネス ジャパン 2018」に出展

「ロケーション ビジネス ジャパン 2018」に出展|ナビタイムジャパン

「ロケーション ビジネス ジャパン 2018」に出展

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2018年6月13日(水)より開催される「ロケーション ビジネス ジャパン 2018」に出展いたします。

 ブースでは、ナビタイムジャパンの精度の高いナビゲーション技術や地図、交通・渋滞や天気などのリアルタイム情報をAPI・SDKとして提供するサービスや、テレマティクスサービス、動態管理サービスを展示いたします。パネル展示やデモ体験などを実施いたします。

≪「ロケーション ビジネス ジャパン 2018」概要≫
出展期間6月13日(水) 10:30〜18:00
6月14日(木) 10:00〜18:00
6月15日(金) 10:00〜17:00
※全日、受付時間は9:00からです。
会場幕張メッセ(国際展示場/国際会議場)
公式サイトhttp://www.f2ff.jp/lbj/
ブース番号7H24
会場場所.png
 
≪出展内容≫
1、『NAVITIME API』の展示
法人向けにルート検索や地図表示などの各種機能をAPIとして提供するサービスです。お客様のWebサイトやスマートフォン向けアプリに簡単に組み込むことが可能です。
・紹介サイト:http://api-sdk.navitime.co.jp/api/

2、『NAVITIME SDK』の展示
法人向けにルート検索や地図表示などの各種機能をライブラリとして提供するサービスです。ライブラリを取り込むことによって自由な開発を行うことができます。SDKには、Unityに対応した地図SDKや、ナビゲーションアプリを作成するためのSDKなどがあります。
・紹介サイト:http://api-sdk.navitime.co.jp/sdk/

3、『NAVITIME CONNECT』の展示
『NAVITIME CONNECT』では、お客様のコネクテッドカー向けサービスの開発にあたって、ナビタイムジャパンのコンシュマーサービスで蓄積されたノウハウをAPI・APPとして提供します。
・紹介サイト:http://connect.navitime.co.jp/

4、SDL(Smart Device Link)・BLE(Bluetooth Low Energy)連携の紹介
ナビタイムジャパンが提供するカーナビアプリと、SDL対応車載機器やBLE搭載機器の連携により、より安全で見やすいコネクテッドサービスを実現可能にします。

5、法人向け運行管理サービス『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』の展示
『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』とは、複数の車両を保有されている法人企業様向けに、スマートフォンを活用した動態管理、およびカーナビゲーション機能を提供するクラウド型運行管理サービスです。
・紹介サイト:http://fleet.navitime.co.jp/


「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。 
その他、記載されている会社名や商品名等は各社の商標または登録商標です。