トップ > プレスリリース > 2018年 > 北海道のドライブをサポートする訪日外国人向け観光アプリ&Webサイト『Drive Hokkaido!』をリニューアル

北海道のドライブをサポートする訪日外国人向け観光アプリ&Webサイト『Drive Hokkaido!』をリニューアル|ナビタイムジャパン

北海道のドライブをサポートする訪日外国人向け観光アプリ&Webサイト『Drive Hokkaido!』をリニューアル

2018年8月10


株式会社ナビタイムジャパン



北海道のドライブをサポートする訪日外国人向け観光アプリ&Webサイト

『Drive Hokkaido!』をリニューアル

~韓国語に対応、シーニックバイウェイ「秀逸な道」・ダム情報・記事コンテンツ・スポット情報を追加~



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2018年8月9日(木)より、国土交通省北海道開発局の協働実施者として提供しているスマートフォン向けアプリ並びにWebサイト『Drive Hokkaido!』をリニューアルしました。


 『Drive Hokkaido!』アプリ・Webサイトは、北海道を訪れる外国人旅行者をターゲットに、レンタカーでの移動をサポートする無料の多言語対応サービスとして、2017年7月18日(火)より提供しております。これまで英語と中国語(繁体字)で提供していましたが、今回新たに韓国語1に対応しました。北海道における韓国からの旅行者は増加傾向にあり、来道者数は台湾に次ぐ2位※2で、外国人レンタカー貸渡台数も全体の23.4%※3と多いことから、このたびの言語対応により、韓国語を母国語とする方にとって、北海道ドライブの魅力がさらに伝わりやすくなることを期待しております。


 新たなコンテンツとして、景観の良いドライブルートを紹介する「シーニックバイウェイ北海道」の「秀逸な道」15区間、「かわたび北海道」で紹介しているダム3か所、道内各地のスポット情報の追加、並びに道内の様々なエリアの魅力や旅を快適にするための"how-to(ハウツー)"などの記事コンテンツを各言語で追加しました。また、本アプリ内で閲覧が多い観光施設に「ベスト30」のタグをつけました。今後も観光コンテンツの拡充を通して、北海道の更なる魅力を伝えてまいります。


※1 一部コンテンツは2018年8月末に対応予定。

※2 出典:北海道観光入込客数調査報告書(平成28年度)「全観光客宿泊日数」より。

※3 出典:北海道地区レンタカー協会連合会提供資料より。(2017年9月1日~11月30日の3か月間)


【サービスイメージ】

 

サービスイメージ.png



■『Drive Hokkaido!』アプリダウンロード

 iOS:https://itunes.apple.com/app/id1255391266

 Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.inbound.hkd

■『Drive Hokkaido!』Webサイト: https://hokkaido.japandrive.com/

■「シーニックバイウェイ北海道」紹介サイト:http://www.scenicbyway.jp/

■「かわたびほっかいどう」紹介サイト:https://kawatabi-hokkaido.com/



「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。

その他、記載の会社名または商品名等は各社の商標または登録商標です。