トップ > プレスリリース > 2018年 > 『ナビタイム全国バスデータ整備プロジェクト』が、「2018年度グッドデザイン・ベスト 100」を受賞!

『ナビタイム全国バスデータ整備プロジェクト』が、「2018年度グッドデザイン・ベスト 100」を受賞!|ナビタイムジャパン

『ナビタイム全国バスデータ整備プロジェクト』が、「2018年度グッドデザイン・ベスト 100」を受賞!

2018年10月3


株式会社ナビタイムジャパン



『ナビタイム全国バスデータ整備プロジェクト』が、

「2018年度グッドデザイン・ベスト 100」を受賞!



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)が実施した、『ナビタイム全国バスデータ整備プロジェクト』が、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2018年度グッドデザイン・ベスト 100」を受賞いたしました。

 『ナビタイム全国バスデータ整備プロジェクト』とは、バス利用者への利便性向上とバス事業者の業務円滑化への貢献を目的として、国土交通省が公表する「全国乗合バス事業者の移動円滑化基準適合車両導入状況」に掲載されている全国515社のバス会社すべてを対象に調査を行い、時刻表やバス停位置などの情報を整備し、ナビタイムジャパンが提供するサービスを通じて情報提供できる仕組みを構築した取り組みです。

 このたびの受賞により、ナビタイムジャパンでは、2007年度『NAVITIME』、2016年度『トラックカーナビ』、「ナビタイムマイレージ」の受賞を含め、4つ目の「グッドデザイン賞」受賞になります。また、「グッドデザイン・ベスト 100」の受賞は、ナビタイムジャパンとして初めてです。

 今後もナビタイムジャパンでは、バス会社との連携を強め、路線バスに加えて、コミュニティバスの路線情報の拡充を行い、より適切な移動手段を提示することにより、すべての人がより安心して移動できるサービスの開発に努めてまいります。

■審査委員の評価コメント
「同じ地域に異なるバス会社が併存する日本において、全515社にも及ぶバス会社へのリサーチ、現地のバス停位置情報の確認など、地道な情報収集と電子データ化により、100%のバスデータを獲得しているのは特筆に値する上に、莫大なデータを扱っていながらインターフェイスはシンプルでわかりやすく、行き先が同じでも異なる系統の車両合わせて表示されるなど、利便性も高く、より積極的なバス利用を促進するシステムデザインとして優れている。」と評価いただきました。

プレスリリース用.png
■グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2018」に出展
2018年10月31日(水)から5日間にわたり、東京ミッドタウンで開催される、最新の「グッドデザイン賞」全受賞デザインが集まる受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2018」において、『ナビタイム全国バスデータ整備プロジェクト』が特別展示で紹介されます。
・「GOOD DESIGN EXHIBITION 2018」概要
会期:10月31日(水)〜11月4日(日)
会場:東京ミッドタウン(東京都港区)
出展場所:東京ミッドタウン ホール
出展内容:『ナビタイム全国バスデータ整備プロジェクト』

■「グッドデザイン賞」
1957 年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「G マーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。

■「グッドデザイン・ベスト 100」
「グッドデザイン・ベスト 100」は、本年のすべての「グッドデザイン賞」受賞対象の中で、審美性、提案性、可能性 など総合的に優れているとして高い評価を受けた100点です。今日におけるデザインの水準を高めるに相応しい、 これからのモデルとなりうるデザインであり、今年度「グッドデザイン大賞候補(ファイナリスト)」をはじめとする特別賞各賞が「グッドデザイン・ベスト 100」の中から決定し、2018年10月31日(水)に発表されます。

■『ナビタイム全国バスデータ整備プロジェクト』
全国のバス事業者515社すべての路線バスを対象に、時刻表やバス停位置、運賃などの情報をデータ化して、公共交通の利便性向上に貢献することを目指したプロジェクトです。これまで国内のバスデータを統一したサービスは存在せず、全国の路線バスに100%対応したナビゲーションの提供は、日本初の取り組みです※1

※1 2018年10月3日時点。ナビタイムジャパン調べ。5台以上の路線バスを保有するバス会社(コミュニティバス、高速バス、スクールバス、臨時便、震災復興支援バス等を除く)が対象。
プレスリリース用②.png


■全国の対応バス路線一覧

■全国路線バス情報対応サービス
『PC-NAVITIME』『NAVITIMEスマートフォンサイト』:https://www.navitime.co.jp/
『NAVITIME Travel』:https://travel.navitime.com/ja/


「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。