トップ > プレスリリース > 2018年 > 企業・自治体などを対象としたヘルスケアサービス、『ウォーキングNAVITIME』法人向けパッケージ提供開始

企業・自治体などを対象としたヘルスケアサービス、『ウォーキングNAVITIME』法人向けパッケージ提供開始|ナビタイムジャパン

企業・自治体などを対象としたヘルスケアサービス、『ウォーキングNAVITIME』法人向けパッケージ提供開始

2018年10月18


株式会社ナビタイムジャパン



ナビタイムジャパンのヘルスケアサービス『ウォーキングNAVITIME』、

企業・自治体などを対象とした法人向けパッケージを提供開始



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2018年10月18日(木)より、企業や自治体の健康経営の推進を支援するヘルスケアサービス『ウォーキングNAVITIME』法人向けパッケージを提供開始いたします。

 本サービスは、従業員向けスマートフォンアプリと管理者向けWebサービスで構成されており、従業員が日々楽しく歩くことをサポートし、歩いた情報をもとに従業員の健康状態を見守るツールです。
 従業員向けスマートフォンアプリにて、歩数・移動距離・消費カロリーを自動計測し、管理者向けWebサービスにて、日々の歩数の変化をグラフなどから確認できます。歩数データをもとに健康状態を自動で分析し、大きな変化があった場合にアラート表示します。例えば「歩数が急に減っています。いつも通り業務出来ているか確認が必要かもしれません。」などといった文言を表示します。
 これらの機能により、歩数計測から進捗確認、振り返り、従業員に合わせたアドバイスを行うまでの、健康支援に役立てることができます。

 近年、従業員一人ひとりの健康を組織で支える「健康経営」を推進することで、企業全体が元気になり生産性向上を目指す取り組みを採用する企業が増えています。「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。※1

 このたびのサービスリリースにより、ナビタイムジャパンでは、企業および自治体を含む組織に所属される皆様が健康的にいきいきと働ける環境づくりの一助として貢献できればと考えています。

※1経済産業庁健康経営銘柄HPより引用 http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenko_meigara.html
※本サービスのご利用は、専用アプリ取得と法人IDの発行が必要になります。

【サービスイメージ】
サービスイメージ.png

●ヘルスケアサービス『ウォーキングNAVITIME』法人向けパッケージに関するお問い合わせ
ナビタイムジャパン ヘルスケア事業

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。
その他、記載の会社名または商品名等は各社の商標または登録商標です。