トップ > プレスリリース > 2018年 > 「パーソナルナビゲーション」のモニター募集を開始、『NAVITIME』アプリをベースにバリアフリー情報を考慮した屋外ルート検索提供

「パーソナルナビゲーション」のモニター募集を開始、『NAVITIME』アプリをベースにバリアフリー情報を考慮した屋外ルート検索提供|ナビタイムジャパン

「パーソナルナビゲーション」のモニター募集を開始、『NAVITIME』アプリをベースにバリアフリー情報を考慮した屋外ルート検索提供

2018年11月13


株式会社ナビタイムジャパン



ナビタイムジャパン、「パーソナルナビゲーション」モニター募集を開始

~『NAVITIME』アプリをベースに、交通制約者にあわせたバリアフリー情報を考慮した屋外ルート検索提供~



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2018年11月13日(火)より、利用者の特徴に応じて最適かつ安全な案内を目指す「パーソナルナビゲーション」アプリのモニター募集を開始します。


■「パーソナルナビゲーション」概要

 「パーソナルナビゲーション」は、ナビタイムジャパンの提供する複数交通機関を組み合わせた経路検索サービス『NAVITIME』をベースに、視覚障がい者、車いす使用者、ベビーカー使用者、高齢者といった交通制約者の特徴に応じて最適かつ安全な案内を目的としたナビゲーションサービスです。交通制約者の特徴にあわせて、段差・傾斜・交差点情報といったバリア・バリアフリー情報を考慮した、屋外ルート検索が可能です。


 本サービスは、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の4ヵ年に渡る研究成果を活用したものです。昨年度は上記交通制約者の方々に協力してもらい、段差・傾斜などのバリア情報や、音響信号・視覚障がい者誘導用ブロックなどのバリアフリー情報を収集しました。今年度は昨年度収集した情報を元に、バリア・バリアフリー情報を考慮した、交通制約者の特徴に応じたルート案内が可能なナビゲーションアプリをAndroid OSとiOSで試作し、その有用性に関する実証実験を実施しています。


 つきましては、上記SIPの研究成果の一部を「パーソナルナビゲーション」としてより多くの方々にサービスとして体験して頂き、更に有用性のあるものにしていくため、ご協力いただけるモニターを募集しております。本アプリは無料でご利用できますので、ぜひご参加ください。


 ナビタイムジャパンは本取り組みを通じて、さまざまな環境下および利用者の特徴を考慮した移動における課題やニーズを検証し、機能としての有効性を確認します。今後、『NAVITIME』の一機能としての提供も視野に入れ、より便利に安心してお使いいただける歩行者ナビゲーションの開発につなげていきます。



■モニター募集の概要

【募集期間】2018年11月13日(火)〜2019年1月31日(木)

【参加方法】モニター参加登録と詳しい情報につきましては、こちらのページをご覧ください。

モニター登録ページ:https://sip.cld.dev.navitime.co.jp/contents/html/personal/index.html


■利用方法

上記URL内より、「パーソナルナビゲーション」アプリをダウンロードしてください。

【対応OS】iOS限定

【対象エリア】豊洲、有明周辺でのみ、屋外のルート検索が可能です。


■サービスイメージ

01.png


■「パーソナルナビゲーション」の特徴

02.png

■本取り組みについて 

本件は、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「自動走行システム」のうち、「次世代都市交通」に関する研究開発の成果の一部であり、管理法人である国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から受託した、株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭)と、株式会社日立製作所からの再委託先である株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介)の共同開発による取り組みです。


■バリアフリーナビゲーション開発に関するお問い合わせ先

ナビタイムジャパン インバウンド事業部 Email:inbound-business@navitime.co.jp


「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。