トップ > プレスリリース > 2018年 > キズキレンタルサービス『レンタル819』 とナビタイムジャパン『ツーリングサポーター』が連携

キズキレンタルサービス『レンタル819』 とナビタイムジャパン『ツーリングサポーター』が連携|ナビタイムジャパン

キズキレンタルサービス『レンタル819』 とナビタイムジャパン『ツーリングサポーター』が連携

2018年12月5


株式会社キズキレンタルサービス

株式会社ナビタイムジャパン



キズキレンタルサービス『レンタル819』 とナビタイムジャパン『ツーリングサポーター』が連携

ツーリング計画を立てながら、周辺のレンタルバイク店舗の検索・予約が可能に



 株式会社キズキレンタルサービス(代表取締役社長:松崎一成、本社:埼玉県川口市桜町)と株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2018年12月5日(水)より、レンタルバイクネットワークサイト『レンタル819』と、バイク専用ナビゲーションアプリ『ツーリングサポーター』の連携を開始いたします。

 これまでも『ツーリングサポーター』のスポット検索にて、『レンタル819』店舗を検索することができましたが、このたび『ツーリングサポーター』から『レンタル819』に直接遷移し、そのままレンタルバイクを予約できるようになります。

 『ツーリングサポーター』のメニュー画面には、「レンタルバイクを探す」ボタンを新設し、ボタンを押すと地図上に店舗を表示します。店舗の詳細画面から『レンタル819』の予約画面に遷移し、ユーザーはメーカーやタイプなどを指定してバイクの予約が可能です。

 今回の連携により、ユーザーはそれぞれのサービスを見る手間なく、『ツーリングサポーター』でツーリングの計画を立てたり、地図を見ながら、『レンタル819』店舗の検索、予約まで一貫して行えるようになります。

 旅先でのツーリングをお楽しみいただきたい方や最新モデルのバイクを試乗されたい方、冬の季節にバイクをガレージやバイク店に長期で保管されている時など、便利にご利用いただければと思います。

 キズキレンタルサービスでは、ユーザーの皆さまにとって、全国の『レンタル819』店舗での予約やツーリング計画ができる身近なサービスになるように、これからも連携を強化してまいります。
 ナビタイムジャパンでは、今後もより楽しく快適なツーリングをサポートできればと考え、サービス連携や機能拡充に努めてまいります。

【サービスイメージ】
サービスイメージ.png

● キズキレンタルサービスについて
会社名:株式会社キズキレンタルサービス
所在地:〒334-0001 埼玉県川口市桜町1-6-11
設立年月日:2010年12月
代表者:代表取締役社長 松崎一成
事業内容: 『レンタル819』をフランチャイズ本部とするレンタルバイク事業

・『レンタル819』について
『レンタル819』は北海道から沖縄まで、日本全国にネットワークを広げる国内最大手のオートバイレンタルのサービス(2018年11月現在:137店舗)。国内メーカー車はもちろん、海外の高級オートバイも気軽にレンタル可能。自宅近くの店舗、または遠隔地での利用など、利用シーンは様々。シチュエーションや気分に合わせて多種多様なオートバイを気軽にお楽しみいただけます。

● ナビタイムジャパンについて
会社名:株式会社ナビタイムジャパン
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山3-8-38南青山東急ビル
設立年月日:2000年3月1日
代表者:代表取締役社長 大西啓介
事業内容:ナビゲーションサイト・アプリの運営・開発、経路探索エンジンのライセンス事業、経路付地図配信ASP事業、ビジネスナビタイム事業、法人向けソリューション事業、Webメディア事業、テレマティクス事業、交通コンサルティング事業、インバウンド事業、トラベル事業

・『ツーリングサポーター』について
『ツーリングサポーター』とは、ツーリングの計画から、走行時のナビゲーション、ツーリングやカスタマイズ・メンテナンスの記録などができる、バイク専用ナビゲーションアプリです。


「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。
その他、記載の会社名または商品名等は各社の商標または登録商標です。