トップ > プレスリリース > 2019年 > サノフィとナビタイム、ウォーキングアプリで全国各地から参加できるチャリティラン&ウォークを実施

サノフィとナビタイム、ウォーキングアプリで全国各地から参加できるチャリティラン&ウォークを実施|ナビタイムジャパン

サノフィとナビタイム、ウォーキングアプリで全国各地から参加できるチャリティラン&ウォークを実施

2019年1月15日


サノフィ株式会社

株式会社ナビタイムジャパン



サノフィジェンザイムとナビタイムジャパン、

ウォーキングアプリで全国各地から参加できるチャリティラン&ウォーク「RDD Support Run & Walk Project」を2月28日まで実施

~2月28日は世界希少・難治性疾患の日、参加者全員のラン&ウォーク距離の合計2,280km達成で計200,000円を患者支援団体に寄付


 

 サノフィ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ジャック・ナトン、以下「サノフィ」)のスペシャルティケア事業部門のサノフィジェンザイムは、本年2月28 日に開催される「Rare Disease Day(世界希少・難治性疾患の日、以下「RDD」)」のサポートプロジェクトとして、1月8日(火)~2月28日(木)の期間、株式会社ナビタイムジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西啓介、以下「ナビタイムジャパン」)が提供するウォーキングアプリを使用して、全国各地からどなたでも参加できるチャリティラン&ウォークプロジェクト「みんなで繋ぐ2280km! 『RDD Support Run & Walk Project』」を実施いたします。


サイト用画像.png RDD は、より良い診断や治療による希少・難治性疾患の患者さんの生活の質(QOL)の向上を目指し、世界中で毎年2月最終日に行われている活動です。


 本プロジェクトは、より多くの方にRDDについて知っていただくため、日本全国すべての方を参加対象者として実施いたします。ナビタイムジャパンが提供するウォーキング向けアプリ「ウォーキングNAVITIME-ALKOO-」をダウンロードし、専用ページ(https://www.navitime.jp/iphone_walking/html/campaign/rdd2019)から参加登録するだけで、全国どこから誰でもご参加いただけます。2019年RDDの2月28日にちなみ、参加者全員のラン&ウォーク距離の合計が2,280kmを達成した暁には、サノフィから各患者団体に計200,000円を寄付させていただきます。


 北海道札幌市から沖縄県那覇市までの直線距離(約2,250km)より長い距離を、全国各地の参加者の皆様一人ひとりの力を結集して、希少・難治性疾患と向き合う方々への想いをお届けしてまいります。


 プロジェクト期間の終盤には全国4カ所(東京都、愛知県、大阪府、熊本県)にて、サノフィ社員および患者さんとご家族、医療関係者らが、希少・難治性疾患と向き合う方々への想いを届けるチャリティラン&ウォークイベントを行う予定です。


 サノフィジェンザイムは、希少疾患のリーディングカンパニーとして、日本でRDDの活動が開始した2010年から10年連続で日本のRDD イベントに協賛しています(前身のジェンザイム・ジャパン株式会社時代を含む)。本プロジェクトで、ランニングやウォーキングを通じて、希少・難治性疾患の認知向上ならびに理解促進、そして患者さんの早期診断・治療とQOL向上に貢献してまいります。  


 ナビタイムジャパンでは、本プロジェクトにおいて、専用ページを開発し、参加者の歩行距離の計測および集計を行います。参加者の皆様に「ウォーキングNAVITIME-ALKOO-」をご活用いただき、楽しみながら歩くことを支援することで、本プロジェクトに貢献できればと考えています。


詳細は別紙をご参照ください。

別紙:「みんなで繋ぐ2280km! 『RDD Support Run & Walk Project』」について

https://ntj.app.box.com/s/qxyv7e5zptvlxsur7yhys81mh85ae8jf

                                                                                                     

●Rare Disease Dayとは

Rare Disease Day(RDD)は、より良い診断や治療による希少・難治性疾患の患者さんの生活の質の向上を目指して、スウェーデンで2008年から始まった活動です。現在は述べ100カ国で開催されています。日本では、2010年の東京開催を皮切りにして、毎年着実に開催地域が増えています。来場者・参加者は、患者・家族や関係者に加え、医療従事者、医薬品研究開発者、これから本領域にて研究開発を志す方々、そして一般の皆様まで多種多様です。RDDは、希少・難治性疾患患者さん・家族と一般社会を繋ぐことのできる企画として、年々その認識度・重要度が高まっています。詳細は「RDD Japan(https://rddjapan.info/2019/)」をご参照ください。


●サノフィジェンザイムのRDDに対する取り組み

サノフィのスペシャルティケア事業部門であるサノフィジェンザイムは、希少疾患のリーディングカンパニーとして、日本でRDDの活動が開始された2010年から10年連続で日本のRDD イベントに協賛しています(前身のジェンザイム・ジャパン株式会社時代を含む)。また過去5年のRDDにおいて、患者さんとご家族、医療関係者とともにチャリティランイベントを開催してまいりました。


●「ウォーキングNAVITIME-ALKOO-」について

「ウォーキングNAVITIME-ALKOO-」とは、歩くことで健康管理をしたい方や、ウォーキングや散歩など歩くことに興味がある方に向けた、日々楽しく歩くことをサポートするアプリです。歩数・移動距離・消費カロリーを自動計測しグラフで振り返ることが可能です。

・サービス紹介サイト:

https://static.cld.navitime.jp/walkingapp-storage/common/html/service_lp/index.html

・アプリダウンロード:

iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/apple-store/id911333356?pt=13969&ct=pr&mt=8

Android OS:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.alkoo


●サノフィについて

会社名:サノフィ株式会社 

所在地:〒163-1488 東京都新宿区西新宿3-20-2

設立年月日:2006年1月1日

代表者:代表取締役社長 ジャック・ナトン

URL:http://www.sanofi.co.jp

事業内容:医薬品等の製造販売・輸入、研究開発


サノフィは、健康上の課題に立ち向かう人々を支えます。私たちは、人々の健康にフォーカスしたグローバルなバイオ医薬品企業として、ワクチンで人々を守り、革新的な医薬品で痛みや苦しみを和らげます。希少疾患をもつ少数の人々から、慢性疾患をもつ何百万もの人々まで、寄り添い支え続けます。

サノフィでは、100カ国において10万人以上の社員が、革新的な医科学研究に基づいたヘルスケア・ソリューションの創出に、世界中で取り組んでいます。

サノフィは、「Empowering Life」のスローガンの下、ヘルスジャーニー・パートナーとして人々を支えます。

日本法人であるサノフィ株式会社の詳細は、http://www.sanofi.co.jp をご参照ください。


●ナビタイムジャパンについて

会社名:株式会社ナビタイムジャパン

所在地:〒107-0062 東京都港区南青山3-8-38南青山東急ビル

設立年月日:2000年3月1日

代表者:代表取締役社長 大西啓介

URL:https://www.navitime.co.jp

事業内容:ナビゲーションサイト・アプリの運営・開発、経路探索エンジンのライセンス事業、経路付地図配信ASP事業、ビジネスナビタイム事業、法人向けソリューション事業、Webメディア事業、テレマティクス事業、交通コンサルティング事業、インバウンド事業、トラベル事業、ヘルスケア事業



※「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。

※その他、記載の会社名または商品名等は各社の商標または登録商標です。