トップ > おしらせ > 2019年 > Wear OS by Google対応端末向け『自転車NAVITIME』通知機能をリニューアル

Wear OS by Google対応端末向け『自転車NAVITIME』通知機能をリニューアル|ナビタイムジャパン

Wear OS by Google対応端末向け『自転車NAVITIME』通知機能をリニューアル

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2019年1月18日(金)より、Wear OS by Google対応端末向け自転車専用ナビゲーションアプリ『自転車NAVITIME』にて、通知機能をリニューアルいたします。

 このたびのリニューアルでは、従来の通知機能からデザインを一新し、右左折までの距離を大きく表示したり、メーターで表現するなど、走行中でも視認性の高いユーザーインターフェイス(UI)で、安全で快適な移動をサポートします。

 また、今回新たに、ユーザーが任意で設定した距離間隔で通知設定が可能になります。ユーザーは走行距離と高低差グラフをご確認いただけます。

 今後も『自転車NAVITIME』では、より楽しく快適なサイクリングをサポートできればと考え、更なるサービスの向上に努めてまいります。

●サービスイメージ
修正_サービスイメージ.png


●Android OS向け『自転車NAVITIME』アプリダウンロード


「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。 
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。