トップ > プレスリリース > 2019年 > ナビタイムジャパンの『トラックカーナビ』、 走行前に道路上の注意地点がひと目でわかる「ルートチェッカー」機能を追加

ナビタイムジャパンの『トラックカーナビ』、 走行前に道路上の注意地点がひと目でわかる「ルートチェッカー」機能を追加|ナビタイムジャパン

ナビタイムジャパンの『トラックカーナビ』、 走行前に道路上の注意地点がひと目でわかる「ルートチェッカー」機能を追加

2019年1月31


株式会社ナビタイムジャパン



トラック専用カーナビアプリ『トラックカーナビ』、

走行前に道路上の注意地点がひと目でわかる「ルートチェッカー」機能を追加

~車両情報から、道幅・高さ・角度を自動計算し、通過に注意が必要なポイントを地図上に表示~


 

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2019年1月31日(木)より、トラック専用カーナビアプリ『トラックカーナビ』において、走行前に道路上の注意地点がひと目でわかる新機能を追加します。


 『トラックカーナビ』では、車高・車幅・大型車規制などを地図上にアイコン表示、これらを考慮したルート案内などが利用できます。ただ、実際に走行するまでは、本当に安心して通れる道か不安を感じるドライバーが多く、なかでも「道幅が厳しい地点」「高さが厳しい地点(高架など)」「角度が厳しい交差点・カーブ」「目的地等の都合上、規制を超えてしまう地点」といった走行する上で気をつける情報を、事前に把握しておきたいドライバーが多いことが、アプリ内で実施したアンケートから分かりました。また、アプリ利用者の8割が中長距離ドライバーであることから、土地勘のない場所へ行く業種の方に需要があるのではと考え、新機能を開発しました。


 新機能の「ルートチェッカー」では、利用者が各自登録した車両情報に対し、通行はできるが注意が必要な箇所とポイントを、ひと目で確認することができます。ルート検索後、ルート上に注意箇所がある場合に、注意文言と、度合いで色分けしたピンアイコンを、地図上に表示します。気になるピンアイコンをタップすると「非常に注意を要する道幅です」「車両の高さと、高さ規制の差が、10cm以下です」などといった詳細情報を表示します。注意箇所は、車両の幅・長さ、道路の幅・高さ、道路間の角度などから計算して判定しています。

 これにより、ドライバーはルート上に走行しづらい道がないか、通過するのにどのくらい余裕があるかを事前に把握でき、必要に応じてルート・運行計画を変更する判断材料にもなるため、より安心・安全に走行する一助としてお役立ていただけます。本機能は、無料でご利用いただけます。


 今後も『トラックカーナビ』は、ドライバーの皆さまのお声に耳を傾けて機能拡充を行い、安心・安全な業務を支援できるよう、努めてまいります。



【サービスイメージ】

プレス用_ルートチェッカーサービスイメージ.png


■『トラックカーナビ』アプリ利用者アンケート結果

ドライバーに聞いた道路情報について事前に把握しておきたいもの

グラフ1_事前に知りたいもの.png

道幅が厳しい地点が一番多く、次いで高さや角度など道幅に関する情報を求めていることがわかる

(2019年1月時点、「トラックカーナビ」アプリ内アンケート。ナビタイムジャパン調べ)



ドライバーの輸送距離比率

グラフ2_輸送距離比率.png


中距離から長距離の利用者が8割を占める

(2019年1月時点、「トラックカーナビ」アプリ内アンケート。ナビタイムジャパン調べ)




■『トラックカーナビ』について 

高精度な到着予想時刻表示、車高・車幅・大型車規制などを考慮したルート検索、複数の訪問先の最適訪問順の自動計算、大型車が駐車可能な施設検索など、トラックドライバー向けに特化した日本初のカーナビアプリです。


『トラックカーナビ』アプリダウンロード

iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/id1147473077

Android OS: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.navitimetruck


■法人のお客様向け、『トラックカーナビ』との連携や複数ID購入について
株式会社ナビタイムジャパン ビジネスナビタイム事業部 


「NAVITIME」「ビジネスナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。

その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。