トップ > プレスリリース > 2019年 > 小田急電鉄とナビタイム、おでかけ記事を配信する新サイト『小田急線都内おでかけナビ』 を提供開始

小田急電鉄とナビタイム、おでかけ記事を配信する新サイト『小田急線都内おでかけナビ』 を提供開始|ナビタイムジャパン

小田急電鉄とナビタイム、おでかけ記事を配信する新サイト『小田急線都内おでかけナビ』 を提供開始

2019年3月26


小田急電鉄株式会社

株式会社ナビタイムジャパン



小田急電鉄とナビタイムジャパン

おでかけ記事を配信する新サイト『小田急線都内おでかけナビ』 を提供開始

~小田急線から直通の東京メトロ千代田線沿線のおでかけ・イベント情報を紹介します~


 

 小田急電鉄株式会社(取締役社長:星野晃司、本社:東京都新宿区)と、株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2019年3月26日(火)より、東京メトロ千代田線沿線に特化したおでかけ情報発信サービス『小田急線都内おでかけナビ』(PC・スマートフォン)の提供を開始いたします。


<『小田急線都内おでかけナビ』https://pkg.navitime.co.jp/odakyu/


 本サービスは、小田急線沿線にお住まいの方をターゲットに、小田急線と直通運転する東京メトロ千代田線の沿線周辺のおでかけやイベントに関する記事を配信するサイトです。ナビタイムジャパンが独自取材したオリジナル記事や、おでかけ・観光に関するさまざまなメディアの記事など、幅広く紹介します。エリアや駅名で検索できるほか、グルメ、イベント、子供などのジャンルでの絞込検索も可能です。


 今回の提供により、おでかけ前の計画や駅周辺の立ち寄りスポットを探す際など、便利にご活用いただけます。また、小田急線から乗換無しで行ける新たなおでかけスポットの発見につながることを期待しております。


 今後、小田急線の各駅から電車で何分以内に行けるスポットでの絞込検索ができる機能を追加する予定です。


 小田急電鉄では、2018年3月の複々線完成に伴うダイヤ改正によって、混雑の緩和や速達性の向上を実現し、快適でスピーディな輸送サービスを実現いたしました。また、東京メトロ千代田線との直通運転を増発させ、都心方面のアクセスを飛躍的に高めました。小田急電鉄では、都心アクセスの向上を契機に、平日の通勤時の利用のみならず、土休日においても、小田急から東京メトロ千代田線をご利用した都心方面へのおでかけや観光をお楽しみいただきたいと考えています。


 ナビタイムジャパンでは、おでかけしたいと思っていただけるきっかけになればと考え、これまで、一日で回りきれるお散歩コースや初めて行く場所に迷わない行き方を紹介する記事など、おでかけや移動に関する記事を提供してまいりました。今後も、コンシューマー向けサービスの提供で培ってきたノウハウを活かし、ユーザーの皆さまのニーズに合わせた機能拡充やお楽しみコンテンツを提供し、更なるサービスの向上に努めてまいります。


【サービスイメージ】

サービスイメージ画像.png


● 小田急電鉄について

会社名:小田急電鉄株式会社

所在地:〒160-8309 東京都新宿区西新宿1丁目8番3号

設立年月日:1948年6月1日

代表者:取締役社長 星野晃司

URL:https://www.odakyu.jp/

事業内容:鉄道事業、不動産業、その他事業 


● ナビタイムジャパンについて

会社名:株式会社ナビタイムジャパン

所在地:〒107-0062 東京都港区南青山3-8-38南青山東急ビル

設立年月日:2000年3月1日

代表者:代表取締役社長 大西啓介

URL:https://www.navitime.co.jp

事業内容:ナビゲーションサイト・アプリの運営・開発、経路探索エンジンのライセンス事業、経路付地図配信ASP事業、ビジネスナビタイム事業、法人向けソリューション事業、Webメディア事業、テレマティクス事業、交通コンサルティング事業、インバウンド事業、トラベル事業



「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 

その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。