トップ > プレスリリース > 2019年 > 旅行プランニング・予約アプリ『NAVITIME Travel』、チャットボットによる旅行プランの「自動プランニング」機能を提供開始

旅行プランニング・予約アプリ『NAVITIME Travel』、チャットボットによる旅行プランの「自動プランニング」機能を提供開始|ナビタイムジャパン

旅行プランニング・予約アプリ『NAVITIME Travel』、チャットボットによる旅行プランの「自動プランニング」機能を提供開始

2019年10月8日


株式会社ナビタイムジャパン



旅行プランニング・予約アプリ『NAVITIME Travel』、

チャットボットによる旅行プランの「自動プランニング」機能を提供開始

~ユーザーの嗜好や天候、時間帯などを考慮した日帰りのプランを簡単に作成でき、旅マエをサポートします~


 

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2019年10月8日(火)より、旅行プランニング・予約アプリ『NAVITIME Travel』にて、チャットボットによる日帰り旅行プランの「自動プランニング」機能を提供開始いたします。


 『NAVITIME Travel』では、スポット間の移動ルートと時間を考慮した旅行プランを自由に作成できます。また、チャットボットをUI(ユーザーインターフェイス)の一つに採用し、Mr.NAVITIMEとの気軽な会話のやりとりから、簡単におでかけスポットの検索などが可能です。


 今回の対応では、チャットボットに「自動プランニング」機能を追加し、エリア、日程、移動手段(車もしくは、公共交通機関)などの情報を伝えるだけで、天候や時間帯などを考慮したおすすめの日帰り旅行プランを、チャットボットが自動で作成し、回答します※1。一日分の行程をまとめて作成できるほか、チャットボットがおすすめのスポットをユーザーに提示して、気に入ったスポットを一つずつ行程に追加していくことも可能です。


 今回の対応により、気軽な会話のやりとりのなかで、行きたいエリア内での効率的な日帰り旅行プランを自動で立てることができるようになります。初めての土地でも、簡単にプランを作成できるため、旅行計画における手間を軽減し、旅マエをサポートできればと考えています。


 旅行計画を立てる際には、ユーザーの旅行形態や目的、嗜好などの人的要因だけでなく、季節や天候、観光スポットといったそのエリアの環境要因などから確定されるため、ユーザー自身で計画することが困難な場合があります。

 チャットボットを活用することで、「対話」を通じて、アプリがユーザーの潜在的なニーズやユーザー自身もまだ気づいていない好みや傾向を学習することが可能になります。これに、ナビタイムジャパンの保有する天候・スポット・位置・経路情報などを組み合わせることで、ユーザーごとの嗜好に合わせた最適な旅行プランを提案できます。また、本機能は、マイクロソフトのAIサービス「Azure Cognitive Services Personalizer Preview」を活用し、おすすめするスポットを決定しています。そして、提案したプランに対するユーザーからのフィードバックをもとに強化学習を行います。


 今後もナビタイムジャパンは、ユーザーの皆さまにとって最適なサポートをしてくれるような自然なコミュニケーションを目指し、ユーザーの新たな発見、さらなる旅行体験の広がりを提供してまいります。


※1 本機能で作成できる旅行プランは、午前9時~午後7時までの日帰りプランです。また、天候は現在から7日までの日にちを指定した場合に考慮します。


【サービスイメージ】

image.png


「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 

その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。