トップ > プレスリリース > 2019年 > ナビタイムジャパン、国土交通省による 新国立競技場周辺のバリアフリー情報収集に関する実証実験に参画

ナビタイムジャパン、国土交通省による 新国立競技場周辺のバリアフリー情報収集に関する実証実験に参画|ナビタイムジャパン

ナビタイムジャパン、国土交通省による 新国立競技場周辺のバリアフリー情報収集に関する実証実験に参画

2019年10月23日


株式会社ナビタイムジャパン



ナビタイムジャパン、国土交通省による

新国立競技場周辺のバリアフリー情報収集に関する実証実験に参画

~11月17日開催のまち歩きイベントに、バリアフリー情報収集アプリを提供~


 

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、新国立競技場周辺のバリアフリー情報収集に関する実証実験に参画いたします。


 本実証実験は、国土交通省による「バリアフリー・ナビプロジェクト」の取組の一環で、ICTを活用したバリアフリー情報の収集手法検討のひとつとして行われるものです。


 本実験では、実験参加者に、ナビタイムジャパンの歩行者支援アプリ『やさしいちず』を提供して、参加者らの移動中の気付き(段差、傾斜、視覚障がい者誘導用のブロックや音響信号の有無等)などを情報収集し、新国立競技場周辺におけるバリアフリー情報等の充実を図ります。本実験にはナビタイムジャパンを含む4事業者がアプリを提供し、アプリ間における連携の可能性等を模索し、そのための課題や解決策を検討します。実施日は、2019年11月17日(日)13:30~16:30です。


 『やさしいちず』は、歩行者支援アプリとして2018年11月より提供開始しました。移動経路上のバリアフリー情報の投稿・共有などが可能で、視覚障がい者、車いす使用者、ベビーカー使用者、高齢者などの外出に不安を感じる交通制約者の方々およびその家族、介助者の方々にご活用いただいています。収集した情報は分析し、より安心安全なナビゲーション開発のために活用しています。


 ナビタイムジャパンは、本実証実験を通じ、バリアフリーナビゲーションの実現に貢献できるよう、サービスの充実を図ってまいります。


■実証実験の概要

実施日時:2019年11月17日(日)13:30~16:30(荒天時は11月23日(土))

実施場所:新国立競技場周辺

実施内容:グループでまち歩きをしながら、アプリを活用してバリアフリー情報の収集を行う。

詳細チラシ:https://ntj.box.com/s/c5lbk57qunu5q1eunhy6m1h66pk7dwgn


■実証実験参加方法 以下のフォームからお申し込みいただけます。

申込フォーム: 

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdYyQCCMPr9UTrYCGbKvdEyNPNcB_dsYisPIysU14hOUTLRcA/viewform


■『やさしいちず』アプリダウンロード(Android OSのみ)

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.data_collection


関連プレスリリース(2018/11/30)

バリアフリーナビゲーションの実現に向けた歩行者支援アプリ『やさしいちず』を提供開始

http://corporate.navitime.co.jp/topics/pr/201811/30_4634.html



image.PNG



※「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標または登録商標です。