トップ > プレスリリース > 2019年 > アリババクラウドとナビタイムジャパン、訪日中国人旅行者に向けたサービスで連携

アリババクラウドとナビタイムジャパン、訪日中国人旅行者に向けたサービスで連携|ナビタイムジャパン

アリババクラウドとナビタイムジャパン、訪日中国人旅行者に向けたサービスで連携

2019年10月30日


アリババクラウド

株式会社ナビタイムジャパン


 アリババクラウドとナビタイムジャパン、訪日中国人旅行者に向けたサービスで連携

~クラウドコンピューティングとビッグデータ分析を通して、訪日中国人観光客の旅行体験を向上~


 

 アリババグループのデータインテリジェンスバックボーンであるアリババクラウド(カントリーマネージャー: ユニーク・ソン)は、ナビゲーションサービスプロバイダーである株式会社ナビタイムジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西 啓介、以下 ナビタイムジャパン)と訪日中国人旅行者に向けた支援をするため、両者の保有するインフラ基盤・ビッグデータ分析基盤・AIを活用し、共同で連携していくことに合意しましたので、お知らせいたします。

 本提携を通して、多様化する訪日中国人観光客の旅行形態に対して、高度な経路検索サービスおよび個人ごとにカスタマイズされた観光レコメンド機能を提供します。


 中国人観光客が、日本での旅行中におすすめのルートを知りたい場合、ナビタイムジャパンの経路検索システムで情報を検索すると、正確な移動時間を含めた推奨ルート情報を瞬時に取得できます。このシステムは、クラウドベースのインフラストラクチャを基盤にすることで、瞬時のルート検索を可能にしています。


 さらにナビタイムジャパンは、中国の旅行者の好みに合わせてカスタマイズされた観光体験を提供する予定です。特に、ユニークな旅行体験を選択する若い世代を中心とした訪日中国人観光客のインサイトを、テクノロジー先駆者であるアリババクラウドのデータ分析を通して把握し、よりパーソナライズされた推奨観光ルートを提供します。


 また両社は、アリババエコシステムのリソースを活用して、ナビゲーションなどの方面でのコラボレーションも検討しています。


■アリババクラウド・ジャパンサービス株式会社 カントリーマネージャー ユニーク・ソン氏のコメント

「ナビタイムジャパンと提携し、最先端の技術と市場インサイトを通じて訪日中国人観光客にサービスを提供できることを非常に嬉しく思います。日本は中国人旅行者にとって最も人気のある観光地の一つのため、日本のパートナーとともに観光業に貢献できることを楽しみにしています。」


■株式会社ナビタイムジャパン インバウンド事業部のコメント

「中国からの訪日旅行客に向けて、アリババクラウドの技術サポートと市場インサイトを通じて、よりカスタマイズされたナビゲーションサービスを提供できると考えています。今後、アリババが保有するデータ分析技術やアリババグループのエコシステムと連携し、効果的な訪日旅行の誘客拡大と快適な移動をサポートしていきます。」



●アリババクラウドについて

アリババクラウド(www.alibabacloud.com)は2009年に設立されたアリババグループのデータインテリジェンスの中枢です。Gartnerの調べでは世界TOP3のIaaSプロバイダーの1つであり、IDCの調べでは中国最大のパブリッククラウドサービスプロバイダーです。アリババクラウドは、アリババグループのマーケットプレイスでビジネスを展開する事業者、スタートアップ企業、中小企業、政府関連機関をはじめとする世界中の事業者にクラウドコンピューティングサービスの包括的な製品群を提供しています。アリババクラウドは、国際オリンピック委員会のオフィシャルクラウドサービスパートナーです。


アリババクラウドは、2016年から日本でのサービス提供を開始し、2019年1月には2番目のデータセンターを日本に開設しました。また、2019年3月には、2019年末までに日本のパートナー企業100社の中国進出をサポートすることを目標にした、「China Gateway」プログラムを発表しました。このプログラムは、アリババクラウドが提供する製品およびサービスが含まれており、プログラム初期のパートナーは、野村総合研究所(NRI)、日鉄ソリューションズ、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、TISインテックグループ、iTriggerなどです。


●ナビタイムジャパンについて

「経路探索エンジンの技術で世界の産業に奉仕する」という経営理念のもと、2000年3月に創業。電車、飛行機、クルマ、バス、徒歩などの様々な交通手段を組み合わせた「トータルナビゲーション」の技術を軸に、移動に関する様々な事業を展開しています。インバウンド事業では、訪日外国人向け多言語観光・ナビゲーションアプリ『Japan Travel by NAVITIME』の提供や、自治体と連携した観光コンテンツ制作や誘客施策の実施、訪日外国人の行動分析などを行っています。

事業内容:ナビゲーションサイト・アプリの運営・開発、経路探索エンジンのライセンス事業、 経路付地図配信ASP事業、

       ビジネスナビタイム事業、法人向けソリューション事業、Webメディア事業、テレマティクス事業、

       交通コンサルティング事業、海外事業、インバウンド事業、トラベル事業、MaaS事業

http://corporate.navitime.co.jp



※記載されている会社名や商品名等は、各社の商標または登録商標です。