トップ > おしらせ > 2020年 > 『カーナビタイム』、リアルタイムリルート提案時に、新旧ルートを地図上で確認可能に

『カーナビタイム』、リアルタイムリルート提案時に、新旧ルートを地図上で確認可能に|ナビタイムジャパン

『カーナビタイム』、リアルタイムリルート提案時に、新旧ルートを地図上で確認可能に

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2020年1月17日(金)より、Android OS向けカーナビアプリ『カーナビタイム』にて、リアルタイムリルート機能(リアルタイム交通情報を考慮したリルート提案機能)を拡充し、リルート提案時に、現在のルートと新しいルートを地図上で確認できるようにいたします。

 これまでは、テキストにて、ルートを変更した場合の走行距離差と所要時間差を表示していましたが、具体的にどのようにルートが変わるのかがわからない状態で、リルートするかどうか判断する必要がありました。

 今回の拡充では、ルート案内中の地図画面とは別に、現在のルートと新しいルート全体を地図上で比較表示し、実際にどのようなルートを提案しているのかが一目でわかるようにしました。また、これまでの走行距離差、所要時間差に加え、料金差も新たに表示いたします。iOS向け『カーナビタイム』においても、順次対応予定です。

※本機能は、ナビゲーション中の機能のため、有料会員の方がお使いになれます。

【サービスイメージ】
20200116_リアルタイムリルート地図表示.png

●『カーナビタイム』について
『カーナビタイム』は、端末に地図を取り込むことでオフラインでも使える機能を持ったスマートフォン向けの本格派カーナビアプリです。VICSによるリアルタイムの渋滞情報や、独自のノウハウを活かして渋滞を考慮したルートをご案内します。車種情報を登録することで、車高・車幅を考慮したルート提示も可能です。




「NAVITIME」「カーナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。