トップ > おしらせ > 2016年 > iOS向け『NAVITIMEドライブサポーター』の安全運転支援機能に、「最高速度案内」と「一時停止案内」を追加

iOS向け『NAVITIMEドライブサポーター』の安全運転支援機能に、「最高速度案内」と「一時停止案内」を追加|ナビタイムジャパン

iOS向け『NAVITIMEドライブサポーター』の安全運転支援機能に、「最高速度案内」と「一時停止案内」を追加

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2016年4月1日(金)より、iOS向けカーナビアプリ『NAVITIMEドライブサポーター』の安全運転支援機能に、「最高速度案内」および「一時停止案内」を追加いたします。

 「最高速度案内」は、走行中の道路の最高速度を、画面表示と音声で、案内する機能です。
 ナビゲーション中に、走行中の道路の最高速度が変わった場合に、例えば「最高速度は、時速50キロメートルです」などと表示・発話いたします。

 「一時停止案内」は、ナビゲーション中に、ルート上の一時停止標識を、地図上にアイコン表示する機能です。
 アイコンは、現在地から近い順に最大3箇所まで表示されます。

 なお、本機能は今後Android OS向け『NAVITIMEドライブサポーター』への対応も予定しております。


本機能は安全運転を促すためのものであり、交通違反の取り締まりを避けるためのものではありません。情報がない場合も交通規則に従い安全な運転を心がけるようお願いいたします。
※     本機能のご利用には、プレミアムコース(有料)への登録が必要になります。
本機能は2016年4月1日公開のバージョン4.14.1にてご利用いただけます。


サービスイメージ
image_update.png
「NAVITIME」「ドライブサポーター」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。