トップ > おしらせ > 2016年 > 「乗換検索」結果上に、エキナカ施設と連携した情報配信を提供開始

「乗換検索」結果上に、エキナカ施設と連携した情報配信を提供開始|ナビタイムジャパン

「乗換検索」結果上に、エキナカ施設と連携した情報配信を提供開始

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は2016年6月29日(水)より、『PC-NAVITIME』および『NAVITIMEスマートフォン最適化サイト』にて提供する、「乗換検索」結果上に、エキナカ施設と連携した情報配信を提供開始いたします。

 エキナカ施設と連携した情報配信は、ユーザーが『PC-NAVITIME』や『NAVITIMEスマートフォン最適化サイト』にて乗換検索を行った際に、出発駅・乗換駅に、バナー広告を表示させる法人向けのサービスです。
 乗換検索結果画面内のアイコンのトーンに合わせたバナー広告を表示できるので、自然にピンポイントな形で情報配信することが可能です。

 広告主は、出稿したい駅を指定できるので、例えば、駅構内の店舗のバナー広告を"品川駅が乗換検索結果で経由駅になっていた時"に品川駅に表示させることができます。
 出発・到着・経由駅のいずれかに、指定した駅が含まれた経路に広告表示できるので、該当駅の利用者に、ターゲットを絞った広告を出稿することが可能です。

 本サービスは、駅構内や、駅改札内の飲食店や施設などを運営される企業様に特におすすめのサービスとなっており、同日より、JR新大阪駅 在来線改札内の商業施設「エキマルシェ新大阪」様に提供開始いたします。
 
 今後もナビタイムジャパンでは、ユーザーの移動シーンに合わせて情報を発信することで、ユーザーの意思決定をサポートし、「人と企業をつなぐ"移動"をサポート・促進するメディア」を提供して参ります。 

※ 広告出稿は、対象デバイス(PC、スマホ)を指定することも可能です。


【サービスイメージ(『PC-NAVITIME』)】
FIX_東京から大阪までの乗換案内   NAVITIME.png


【サービスイメージ(『NAVITIMEスマホ最適化サイト』)】

    FIX_エキナカ_スマホ最適化サイト.png

● ナビタイムジャパンの情報配信・バナー広告の紹介サイト



※「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は各社の商標または登録商標です。