トップ > おしらせ > 2017年 > 『カーナビタイム』、リアルタイムリルートを強化。通行止めや渋滞などリルートの要因となる交通情報を発話

『カーナビタイム』、リアルタイムリルートを強化。通行止めや渋滞などリルートの要因となる交通情報を発話|ナビタイムジャパン

『カーナビタイム』、リアルタイムリルートを強化。通行止めや渋滞などリルートの要因となる交通情報を発話

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2017年6月29日(木)より、カーナビアプリ『カーナビタイム』にて、リアルタイムリルートが発生した際に、その要因となる通行止めや渋滞などの交通情報を発話する機能を追加いたします。リルート時に要因となる交通情報の変化を発話する機能は、カーナビアプリとして日本で初めてになります※1

 リアルタイムリルートとは、ナビゲーション中に、常に最新の交通情報を考慮して自動でルートを再検索する機能です。

 これまでのリアルタイムリルートでは、元ルートと新ルートの所要時間、料金、距離の差を画面に表示し、「新しいルートが見つかりました」と音声で通知していましたが、具体的なリルートの要因を明示していなかったため、例えば元ルート上に通行止めが発生していたとしても、元ルートを選択してしまうことがありました。
 今回の対応では、これまでの画面表示に加え、規制や渋滞などリルートの要因になる交通情報とその発生場所、所要時間の差を音声で通知いたします。例えば、「〇〇付近に渋滞が発生しました。 今よりおよそ5分早いルートが見つかりました。」と発話します。ドライバーは、元ルートと新ルートの所要時間、料金、距離の差に加え、交通情報でも判断が可能になるため、ルート選択の指標としてご活用いただけます。

 今後もナビタイムジャパンでは、ユーザーの利用シーンに合わせた最適な情報提供を目指し、機能の拡充に努めてまいります。

※1 2017年6月29日時点。ナビタイムジャパン調べ。

●サービスイメージ
修正_サービスイメージ画像.png

●『カーナビタイム』通信圏外でも使える本格派カーナビアプリ

※「NAVITIME」「カーナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は各社の商標または登録商標です。