トップ > おしらせ > 2018年 > 滋賀県・サイクリング専用アプリ『BIWAICHI Cycling Navi』、 自動撮影機能、ながらスマホ防止機能などの開発に技術協力

滋賀県・サイクリング専用アプリ『BIWAICHI Cycling Navi』、 自動撮影機能、ながらスマホ防止機能などの開発に技術協力|ナビタイムジャパン

滋賀県・サイクリング専用アプリ『BIWAICHI Cycling Navi』、 自動撮影機能、ながらスマホ防止機能などの開発に技術協力

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区、以下「ナビタイムジャパン」)は、滋賀県により提供中の、スマートフォン・タブレット向けサイクリングアプリ『BIWAICHI Cycling Navi』に、同年10月より順次配信予定の、新機能の開発に技術協力いたします。
 本アプリは、2018年4月から提供を開始して以来、滋賀県を訪れる観光客やサイクリストの方に好評で、2018年9月19日(水)時点で、1万ダウンロードを超えています。

さらなる利便性向上にむけ、追加予定の新機能の詳細は、以下の通りです。

自動撮影機能(アプリとの連携部分をナビタイムジャパンが開発)
アプリにて撮影設定したあと、ビワイチルート上に設置したカメラの前(長浜市内、高島市内)を通過すると、走行中の写真を自動で撮影※してくれます。アプリ内でスマートフォン端末のBluetooth機能をオンにして、カメラ付近に設置されているビーコン端末に近づくと反応する仕組みを利用することで、自動で撮影することが可能になります。

ながらスマホ防止機能(共同開発)
スマホの位置情報を利用して移動速度を検知し、アプリ画面上に注意画面を覆うことで、自転車走行中のながらスマホを防止します。

ビワイチサイクリングコース(北湖、南湖)の追加(滋賀県より情報提供)
現在、びわ湖を一周するビワイチサイクリングコースをアプリ上で紹介しておりますが、より気軽にビワイチ体験をしていただけるよう、今回新たにビワイチサイクリング(北湖一周、南湖一周)を追加します。

※写真撮影されたデータの保存や印刷には別途費用が必要になります。



【サービスイメージ】
サービスイメージ.png
●スマートフォン・タブレット向けサイクリングアプリ『BIWAICHI Cycling Navi』の概要
アプリ名:『BIWAICHI Cycling Navi』
多言語対応:日本語、英語、中国語(繁体字)


※「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は各社の商標または登録商標です。