トップ > おしらせ > 2018年 > ナビタイムジャパン『トラックカーナビ』、「ルート情報」「走行軌跡」をユーザー間で共有可能に

ナビタイムジャパン『トラックカーナビ』、「ルート情報」「走行軌跡」をユーザー間で共有可能に|ナビタイムジャパン

ナビタイムジャパン『トラックカーナビ』、「ルート情報」「走行軌跡」をユーザー間で共有可能に

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2018年10月4日(木)より、Android OS/iOS向けトラック専用ナビゲーションアプリ『トラックカーナビ』にて、「位置共有機能」を拡充し、「ルート情報」と「走行軌跡」をユーザー間で共有できるようになります。

 「位置共有機能」とは、『トラックカーナビ』を使っているユーザー間で、お互いの情報をリアルタイムに共有して"つながる"機能です。現在地、移動速度、目的地、到着予想時刻などを、最大50名のユーザーと共有できます。本機能は、『トラックカーナビ』アプリ内で実施したアンケートで約20%が「位置情報共有機能がほしい」と回答し、機能開発を進めてきました。さらに、共有したい情報の中で「ルート情報」「走行軌跡」といった声が多かったため、このたびの機能拡充に至りました。

機能拡充の詳細は、下記の通りです。

■実際に走行しているルートを地図上に表示して共有可能に
走行中のナビゲーション画面を、高速・一般ルートを色分けし、次の目的地をGアイコンで表示します。仲間が走っているルートを簡単に把握でき、あとどのくらいで配送先に到着するかといったことをよりイメージしやすくなります。

■走行軌跡を地図上に表示
実際に走行した地点を軌跡として地図上に表示します。これにより仲間が実際にどの道を走行してきたのか知ることができます。別の画面に切り替えて確認するなどの手間なく、走行中に、簡単に位置共有が可能になります。

 この度の対応により、トラックドライバー同士が、実際にどのようなルートで行くか、行ったかを視覚的に確認できるようになるため、確認作業を短縮でき、安心して走行する一助となればと考えております。今後も、ドライバー同士が有益な情報を共有できる"つながる"トラックの機能を強化していき、ドライバーの皆さまの業務をサポートしていきます。




【サービスイメージ】
プレスリリース画像.PNG


■トラックの日(10/9)2018キャンペーンを実施
 また、今年もトラックの日(10/9)にあわせて、利用者の皆さまに日頃の感謝の気持ちをこめて、キャンペーンを実施期間限定(10/9~10/30)で、オリジナルスペシャル3Dアイコンをプレゼントいたします。デザインの詳細は、キャンペーン開始当日に公開いたします。TOPページ→ドロワーメニュー→設定→地図→自車位置アイコン変更、の操作で対象の自車位置アイコンをお使いいただけます。

トラックの日2018_カミングスーン_コーポレートお知らせ用@2x (1).png


■トラック専用カーナビアプリ『トラックカーナビ』ダウンロード
価格:ダウンロード無料、月額700円(税抜)から

■法人事業者向け『トラックカーナビ』アプリIDライセンス
事業所単位で複数IDをお求めいただくことが可能です。
ライセンスアカウントを入力すると、無料機能/有料機能のすべての機能をお使いいただくことができます。


「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。