トップ > プレスリリース > 2013年 > 「降雨レーダー」と「ルート形状表示」を追加

「降雨レーダー」と「ルート形状表示」を追加|ナビタイムジャパン

「降雨レーダー」と「ルート形状表示」を追加

2013年8月7

株式会社ナビタイムジャパン



Android端末向け『NAVITIME』アプリ

「降雨レーダー」と「ルート形状表示」を追加

~移動ルートを地図上に表示し、雨雲の動きを重ねて確認できる!~



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2013年8月7日(水)よりAndroid端末向け『NAVITIME』アプリにて、「降雨レーダー」と「ルート形状表示」の機能を提供いたします。

 「降雨レーダー」は、地図上に降雨情報を重畳表示する機能です。降雨強度別に色分けし、1時間前から最大6時間先までの予想される雨雲の動きを地図上で確認する事ができます。

 「ルート形状表示」は、出発地から目的地までの公共交通や徒歩の区間を含めた「トータルナビ」ルートの全容を地図上に直接表示する機能です。利用する交通機関のアイコンや、実際に移動する道路や鉄道などの線路に沿ったルート線を地図上に表示し※、視覚的に移動を捉える事ができます。

 これらを組み合わせることで、移動で通る場所に雨が降るかどうか等を視覚的に確認できます。

 「降雨レーダー」は、1時間前から50分先までの情報は無料、6時間先までの情報と「ルート形状表示」は有料会員の方がお使いになれます。

 また、併せて、現在地や検索したスポット周辺の天気情報も拡充しました。「きょう・あす」は1時間ごとの天気、降水量、気温などの情報を、48時間先まで1時間毎に更新します。

※ 路線バスは停車バス停間、飛行機、フェリー、連絡バスは発着点間を直線で結んで表示します。

1.「降雨レーダー」詳細

・地図上に降雨/雨雲情報を重畳表示します。
・スクロールバーで、1時間前から6時間先までの降雨情報を雨雲の動きとして確認できます。
・50分先までの情報は無料で、6時間先までの情報は有料会員の方がご覧になれます。 

●画面イメージ
20130729_precipitation radar.gif


2.「ルート形状表示」詳細

・「トータルナビ」のルート全体を地図上に視覚的に表示します。
・移動手段毎に区間を区切り、その区間の移動情報を表示します※。
・本機能は、有料会員の方がお使いになれます。
   
※ 路線バスは停車バス停間、飛行機、フェリー、連絡バスは発着点間を直線で結んで表示します。

●画面イメージ
20130729_route line.gif

3.対応OS、料金(税込)
・対応OS:Android 2.3以上
・料金:315円/月

4.提供開始日
2013年8月7日(水)


「NAVITIME」「トータルナビ」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。

その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。