トップ > プレスリリース > 2014年 > 『カーナビタイム』にて「天候案内」機能提供開始

『カーナビタイム』にて「天候案内」機能提供開始|ナビタイムジャパン

『カーナビタイム』にて「天候案内」機能提供開始

2014年7月16日

株式会社ナビタイムジャパン



Android OS向け

『カーナビタイム』にて「天候案内」機能提供開始

~目的地やルート上の、リアルタイムの天候情報を案内します~


 

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2014年7月16日(水)より、Android OS向け、『カーナビタイム』にて「天候案内」機能を提供開始いたします。


 本機能は、ルート案内開始時、ルート案内中、目的地到着時にリアルタイムの天候情報を発話して案内する機能です。


 ルート案内開始時は、目的地の天候やルート上の気象警報/注意報を案内します。ドライブ前に目的地の天気がわかることで、「傘を持っていこう」という準備や、「公園に行こうとしていたが水族館に変更しよう」など、天候に合わせて目的地を変更し、お出かけを楽しむことができます。


 ルート案内中は、目的地の天候に変更が生じた場合や、ルート上に新たに気象警報/注意報が発令された場合、ゲリラ豪雨などの強い雨が発生する可能性がある場合に案内します。ゲリラ豪雨の視界不良を避けて休憩する、などが可能になります。


 目的地到着時は、今後の天候や、気温の上昇は見込まれる際は「水分補給にご注意ください。」といった、熱中症への注意喚起などを案内します。


 なお、iOS向け『カーナビタイム』においても、順次対応予定です。


1.サービスイメージ

  CNSP天気案内イメージ(0711修正).png


2.発話内容詳細

発話するタイミング

発話内容

発話例

ルート案内開始時

目的地の天候

「音声案内を開始します。実際の交通規制に従って走行してください。到着時刻頃の目的地の天気は晴れ、降水確率10%です。」

ルート上の気象警報/注意報

「走行予定のルート上に、大雨、洪水、波浪警報が発令されています。ご注意ください。」

ルート案内中

目的地の天候の変更

「目的地の天気予報が変わりました。到着時刻頃の目的地の天気は雨、降水確率30%です。」

新たに発令されたルート上の気象警報/注意報

「走行予定のルート上に、大雨、洪水、波浪警報が発令されています。ご注意ください。」

ルート上のゲリラ豪雨などの強い雨の発生

「まもなく、○○付近で非常に激しい雨の恐れがあります。ご注意ください。」

目的地到着時

目的地の今後の天候

「音声案内を終了します。この後の天気は曇り時々雨、降水確率60%です。傘を持っていくと安心です。」

「音声案内を終了します。この後の天気は晴れ、降水確率10%です。最高気温35℃です、熱中症にご注意ください。」


3.ご利用方法

 

iOS

Android OS

ダウンロード

App Storeより

Google Play より

価格と支払い方法

iTunes Store決済」

・月額コース :600円(税込)

180日チケット:3,300円(税込)

365日チケット:4,900円(税込)

「クレジットカード決済」

・月額:500円(税抜)

Googleウォレット決済」

・月額:600円(税込)

・年額:5,700円(税込)

 

「クレジットカード決済」

・月額:500円(税抜)



「NAVITIME」「ドライブサポーター」「カーナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 

その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。