トップ > プレスリリース > 2015年 > 『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』、自動配車計画作成システム『LYNA2』と連携

『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』、自動配車計画作成システム『LYNA2』と連携|ナビタイムジャパン

『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』、自動配車計画作成システム『LYNA2』と連携

2015年2月19日

株式会社ナビタイムジャパン



クラウド型運行管理サービス『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』と

自動配車計画作成システム『LYNA(ライナ)2』が連携

~輸配送業、訪問医療サービスなどにおける業務効率化に貢献します~


 

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)と、株式会社ライナロジクス(代表取締役:朴成浩、本社:千葉県市川市)は2015年2月19日(木)より、クラウド型運行管理サービス『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』と、自動配車計画作成システム『LYNA2』をサービス連携し、「LYNA2-ビジネスナビタイム連携」の提供を開始いたします。


  「LYNA2-ビジネスナビタイム連携」は、『LYNA2』で配車計画を作成、出力後、『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』に配車計画データを取り込むと、ナビゲーション、動態管理までを一貫して行なうことができます。


 『LYNA2』は、配車計画に特化した完全自動配車システムです。コンピューターが自動で車両の積載量や燃料費、車両レンタル費用などのコストを基準にした最適な配車計画を作成します。


 『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』は、スマートフォンを活用した動態管理、及びカーナビゲーション機能を一括して行なうことができるクラウド型運行管理サービスです。


 この連携により、配車計画の作成を専用システムである『LYNA2』が担うことにより、計画作成時間の短縮に加え、誰でも効率の良い配車計画を作成できるようになります。業務負担の軽減や柔軟な人員配置が可能になるだけでなく、短縮された作業時間部分を利用した受注締切時刻の延長や緊急オーダーへの対応といった、サービスレベルの向上も可能になります。 


 さらに、この配車計画に沿って『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』上で動態管理を行うことで、高効率な配車計画をベースにした緻密な動態管理が可能になります。運行中の作業者の現在位置確認や作業状況の把握、日報作成による運行後の管理業務などを一括して行えるため、いつでも全車両の状況を一元管理できるようになり、運行管理の精度向上と省力化が期待できます。また、渋滞情報などを加味した到着予測時間の精度が高いナビゲーションも可能です。

 

 輸配送業を中心に、営業やメンテナンス業務といった巡回業務や、訪問医療、訪問介護などでの活用が期待されます。


 両社の強みを活かしたサービス連携を通じ、お客様の業務の効率化をより一層支援できるよう努めてまいります。



※ ナビタイムジャパンは、1分ごとに更新されるオンデマンドVICS利用したリアルタイムの道路交通情報と、過去の渋滞情報や通行実績などのビックデータを用いた独自の渋滞予測技術を使用した経路検索エンジンを用い、ナビゲーションサービスを提供しています。






■『LYNA2』とは
株式会社ライナロジクス(代表取締役:朴成浩、本社:千葉県市川市)が提供する、配車計画に特化した完全自動配車システムです。コンピューターにより自動で、車両の積載量や燃料費、車両レンタル費用などのコストを基準にした最適な配車計画が作成できます。最適な車両台数や車種の決定、各車両の訪問順の作成などが、パソコンにシステムをインストールしたその日から利用できるのが特長です。

◯『LYNA2』サービス紹介ページ


■ 『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』とは 
複数の社用車を保有されている法人企業様向けに、スマートフォンを活用した動態管理、及びカーナビゲーション機能を提供するクラウド型運行管理サービスです。パソコンとスマートフォン端末があれば、複雑なシステムを導入することなく、すぐに利用を開始できるのが特長です。最適経路を案内する配車計画、作業者の現在位置確認、作業ステータスの確認や登録、本格的なカーナビゲーション、メッセージの送受信、日報作成などをひとつのサービスで行うことができます。

◯『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』サービス紹介ページ



「NAVITIME」「ビジネスナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。
その他、記載の会社名または商品名等は各社の商標または登録商標です。