トップ > プレスリリース > 2015年 > 「超渋滞回避」ルート、新機能としてカーナビアプリに提供開始

「超渋滞回避」ルート、新機能としてカーナビアプリに提供開始|ナビタイムジャパン

「超渋滞回避」ルート、新機能としてカーナビアプリに提供開始

2015年4月23日

株式会社ナビタイムジャパン



「超渋滞回避」ルート

新機能としてカーナビアプリに提供開始

~とにかく渋滞を回避したい方に。プローブ交通情報※1を活かし、渋滞回避に特化したルートをご案内。~


 

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2015年4月23日(木)より、iOSおよびAndroid OS向けカーナビアプリ『カーナビタイム』とiOS向け『NAVITIMEドライブサポーター』にて、渋滞回避に特化した「超渋滞回避」ルートを提供開始いたします。


 「超渋滞回避」ルートは、ナビタイムジャパンのノウハウ(プローブ交通情報)を活かし、目的地までの所要時間を短縮したルートを案内する機能です。


 既存の「推奨」「距離」「ECO」「景観」などのルート優先条件のひとつとして、ルート検索結果画面のタブに「超回避(「超渋滞回避」の略称)」ルートを表示します※2

 

 例えば過去の実績として、昨年のゴールデンウィーク時期(2014年5月5日(月))に、大月ICから相模湖ICまでの所要時間を大きく短縮したルート※3があることが分析によりわかっています。


 とにかく渋滞を回避して早く目的地に到着したいという方に特におすすめの機能です。


 なお、Android OS向け『NAVITIMEドライブサポーター』にも順次対応を予定しています。



※1 プローブ交通情報とは、道路を走行する自動車から送信されるGPS測位データを収集・分析することで道路状況を推測し、生成する交通情報です。ナビタイムジャパンが提供する全サービスの月間ユニークユーザー数2,700万人(2015年3月末時点)のうち、同意を得たカーナビアプリの利用者から送信されるGPS測位データを活用し生成されるものです。プローブ交通情報は2011年9月28日より提供を開始しています。

※2 目的地までの移動時間を短縮できるルートがある場合にのみ、「超回避」のタブにルートが表示されます。

※3 交通状態や時間帯によっては渋滞を回避できないこともあります。

※ 「超渋滞回避」ルートをご利用の際に、ルート上に渋滞が発生しリルートする場合にも「超渋滞回避」を考慮したルートを案内します。



1.サービスイメージ
超渋滞回避_サービスイメージ.png



2.ご利用方法
●『カーナビタイム』
「App Store」および「Google Play」より『カーナビタイム』をダウンロード。

 

iOS

Android OS

ダウンロード

App Storeより

Google Play より

価格と支払い方法

iTunes Store決済」

・月額コース :600円(税込)

180日チケット:3,400円(税込)

365日チケット:4,800円(税込)

「クレジットカード決済」

・月額:500円(税抜)

Googleウォレット決済」

・月額:600円(税込)

・年額:5,700円(税込)

 

「クレジットカード決済」

・月額:500円(税抜)


●『NAVITIMEドライブサポーター』
「App Store」より『NAVITIMEドライブサポーター』をダウンロード。
価格 ダウンロード:無料  
プレミアムコース:300円(税抜)/月額、iTunes Storeチケット(税込) 1,900円/180日、3,500円/365日
※月額支払いは、「iTunes Store決済※」、「ドコモ spモード決済」、「ソフトバンクまとめて支払い」、「クレジットカード決済」、「Yahoo!ウォレット」、「楽天ID決済」の各種決済方法に対応しています。※iTunes Store決済のみ400円(税込)/月額

●「超渋滞回避」ルート紹介ページ


3.プローブ交通情報の分析に関して
●交通コンサルティング事業紹介ページ http://consulting.navitime.biz
ナビタイムジャパンでは、交通や移動に関するデータ分析・コンサルティングを行っています。プローブ交通情報を用いて、経路単位での交通流を統計的に集計します。経路がわかるという特長を活かして、ICや道路の新設による道路利用圏の変化や経路選択状況の把握など、交通・道路の整備効果を測定することなどができます。



「NAVITIME」「カーナビタイム」「ドライブサポーター」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。