トップ > プレスリリース > 2015年 > 『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』 訪問先への到着希望時間を中心とした配車計画が可能に

『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』 訪問先への到着希望時間を中心とした配車計画が可能に|ナビタイムジャパン

『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』 訪問先への到着希望時間を中心とした配車計画が可能に

2015年5月28日

株式会社ナビタイムジャパン



クラウド型運行管理サービス『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』

訪問先への到着希望時間を中心とした配車計画が可能に

~当社の巡回経路探索エンジン技術で、荷待ち時間の削減等、物流業界の課題解決を実現します~


 

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は2015年5月28日(木)より、スマートフォンを活用した、法人向けの運行管理サービス『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』にて、巡回経路探索エンジンを強化し、訪問先の到着希望時間を中心とした配車計画が立てられる機能を追加いたします。


 本機能は、訪問先のうち1カ所以上※1の到着希望時間※2を指定すると、それに合わせてすべての訪問先に対しての、ルートや時間を最適化した配車計画を立てることができる機能です。複数ある訪問先のうち、指定時間内に到着したい訪問先がいくつかあるときに便利にお使いいただけます。


 これにより、配車計画を立てる際に、知識・経験が求められる複雑な配車も、より簡単に、短時間で到着希望時間にマッチした配車計画を立てることができるようになります。また、指定時間内に到着できることで、ドライバーの現場での待機時間などを減らし、労働コストの削減や配送取扱能力の向上にも貢献します。


 現在、物流業界では、配送センターなどの物流拠点において、荷降ろしや荷積みのために長時間の荷待ち時間が発生する、という問題を抱えています。これは主に、トラックの出入りのコントロールがうまくできていないことに起因します。また長時間の荷待ち時間は、近隣に渋滞を発生させるという問題にもつながっています。本機能は、そういった物流業界の抱える問題を解決する一助となる機能としてご利用になれます。


 『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』は、複数の社用車を保有されている法人企業様向けに、スマートフォンを活用した動態管理、及びカーナビゲーション機能を提供するクラウド型運行管理サービスです。パソコンとスマートフォン端末があれば、複雑なシステムを導入することなく、すぐに利用を開始できるのが特長です。社用車の配車計画の作成、作業者の現在位置確認、作業ステータスの確認や登録、本格的なカーナビゲーション、及びメッセージの送受信などが行えます。


 ナビタイムジャパンでは、今後もお客様からの声をお聞きし、業務の効率化をより一層支援できるよう機能拡張に努めてまいります。


※1 訪問先の到着希望時刻は最大100カ所まで指定することが可能です。

※2 訪問先の到着希望時間は20分~60分まで幅を持たせて指定することが可能です。


サービスイメージ
release_biz_jyunkai_5.jpg


『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』サービス紹介ページ

「NAVITIME」「ビジネスナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。