トップ > プレスリリース > 2015年 > 『NAVITIME Transit』、イタリア・スペイン・フランス向け乗換案内サービスを提供開始

『NAVITIME Transit』、イタリア・スペイン・フランス向け乗換案内サービスを提供開始|ナビタイムジャパン

『NAVITIME Transit』、イタリア・スペイン・フランス向け乗換案内サービスを提供開始

2015年7月14日

株式会社ナビタイムジャパン



海外向け乗換案内サービス『NAVITIME Transit』、

イタリア・スペイン・フランス向け乗換案内サービスを提供開始

~ヨーロッパの鉄道路線の乗換検索を、13言語で行えます。さらに、オフラインでの利用も可能に。~


 

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2015年7月14日(火)より、iOSおよびAndroid OS向けに、イタリア・スペイン・フランス向け乗換案内サービス『NAVITIME Transit-Italy』『NAVITIME Transit-Spain』『NAVITIME Transit-France』を提供開始いたします。

 

 本サービスは英語・日本語・中国語(繁体字・簡体字)などの計13言語に対応※1しており、現地のお客様だけでなく旅行者の方にもご利用頂けるサービスです。価格は無料です。


 『NAVITIME Transit-Italy』はイタリア・ローマの、『NAVITIME Transit-Spain』はスペイン・バルセロナの、『NAVITIME Transit-France』はフランス・パリの地下鉄や鉄道などを対象としております。路線図上から出発駅と目的駅をタップすると、乗り換える路線や所要時間がわかります※2


 さらに、今回のリリースに伴い、上記3エリアを含む当社が提供する『NAVITIME Transit』14エリア分がオフラインでもご利用可能になります※3


 アプリをダウンロードする際に、路線図や出発/到着時刻のデータをスマートフォン端末に取り込むため、電波の届かない場所や、通信契約をしていない端末などでも、路線図や乗換案内をご利用になれます※4


 乗換検索結果の履歴やお気に入りも、オフラインにてご確認いただくことが可能です。よく使うルートをお気に入りに登録すると、すぐにそのルート検索結果を呼び出すことができます。乗り換え検索結果は最大20件まで履歴として残ります。お気に入りは最大10件まで登録可能です。


 今後もナビタイムジャパンは、どこにいても安心して移動できる一助となるサービスの提供を目指し、海外向け乗換案内サービスの対応エリアの拡大と、更なるサービスの向上に努めてまいります。



※1 英語・日本語・中国語(繁体字)・中国語(簡体字)・タイ語・マレーシア語・韓国語・スペイン語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・インドネシア語・タガログ語の13言語に対応。タガログ語は、Android OSにのみ対応しています。

※2 出発/到着時刻は、目安の時間を表示しており、正確な時刻表に基づいた時刻ではありません。

※3 イギリス向け『NAVITIME Transit - London UK』(Android OS)、『Journey Pro by NAVITIME』(iOS)は順次対応予定です。

  アメリカ向け『NAVITIME Transit - USA』内の、航空機を伴う乗換案内はオフライン未対応になります。

※4 乗換経路は、オンライン時に最大4経路表示するところ、オフライン時は1経路のみとなります。また、アプリのダウンロードには、通信環境が必要になります。




サービスイメージ
『NAVITIME Transit-Italy』(イタリアの路線を日本語で検索)
イタリア向けサービスイメージ.png

『NAVITIME Transit-Spain』(スペインの路線を英語で検索)
スペイン向けサービスイメージ.png

『NAVITIME Transit-France』(フランスの路線を中国語(簡体字)で検索)
フランス向けサービスイメージ.png



●NAVITIME Transit紹介ページ

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。