トップ > プレスリリース > 2016年 > 法人向け運行管理サービス『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』、ドライバー向け機能を強化、案件の処理状況・位置情報を考慮した訪問計画の作成が可能に

法人向け運行管理サービス『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』、ドライバー向け機能を強化、案件の処理状況・位置情報を考慮した訪問計画の作成が可能に|ナビタイムジャパン

法人向け運行管理サービス『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』、ドライバー向け機能を強化、案件の処理状況・位置情報を考慮した訪問計画の作成が可能に

2016年11月30

株式会社ナビタイムジャパン


          法人向け運行管理サービス『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』

ドライバー向け機能を強化、案件の処理状況・位置情報を考慮した訪問計画の作成が可能に

~日本初※1、未処理案件に絞った最適な巡回経路検索。検索結果は、距離と時間で比較できる。~



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2016年11月30日(水)より、法人向けの運行管理サービス『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』にて、ドライバー向けの作業案件の並び替え機能を強化し、案件の処理状況や訪問先の位置情報を考慮した、訪問順をプランニングできるようになります。


 ドライバー向けの案件並び替え機能とは、管理者向け画面にて作成した訪問計画の訪問順を、ドライバー向けのスマートフォンアプリ※2にて並べ替えできるプランニング機能です。


 この度の強化により、クラウド型動態管理ソリューションとしては日本で初めて※1、未処理の案件に絞った最適な並べ替え・巡回経路検索ができるようになります。また、地図上で訪問先の位置を確認しながら並び替えを行うことも可能になります。ドライバーによって並び替えられた訪問計画は、走行距離と所要時間を、編集前後で比較できるので、どちらの訪問順がより効率的かを確認することができます。

 

 今回の対応により、ドライバーは、管理者によって作成された訪問計画を、手元のスマートフォン画面にてボタンをタップする簡単な操作のみで並べ替えできるので、例えば、優先度の高い案件の後、残りの案件はどのようにして回ると効率がよいか確認する、などといった判断を、現場で行うことが可能になります。特に、業務中に訪問先が追加になる、キャンセルが発生するなど、フレキシブルな配送を行う企業様に、おすすめの機能になります。


 今後も、現場での柔軟な対応を支援すべく、ドライバー向け機能の拡充を予定しております。


 ナビタイムジャパンでは、業務の効率化をより一層支援できるような機能拡充に努め、安定した物流に貢献できればと考えております。


『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』とは、複数の社用車を保有されている法人企業様向けに、スマートフォンを活用した動態管理、およびカーナビゲーション機能を提供するクラウド型運行管理サービスです。パソコンとスマートフォン端末があれば、複雑なシステムを導入することなく、すぐに利用を開始できるのが特長です。社用車の配車計画の作成、作業者の現在位置確認、作業ステータスの確認や登録、本格的なカーナビゲーション、およびメッセージの送受信などが行えます。(サービス紹介ページ http://fleet.navitime.co.jp/


●サービスイメージ

SP配車_プレスリリース用画像.png


●『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』サービス紹介ページ 

http://fleet.navitime.co.jp/


※1 2016年11月30日時点、法人向け動態管理サービスにおいて。当社調べ。

※2 作業者用アプリとしてAndroid OSおよびiOSに対応しています。作業者用アプリでは、ナビゲーションや作業報告などの機能をご利用になれます。アプリのご利用には『ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション』のIDが必要になります。本機能のiOSへの対応は、今後対応を予定しております。

「NAVITIME」「ビジネスナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。その他、記載の会社名または商品名等は各社の商標または登録商標です。

※ その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。