トップ > プレスリリース > 2018年 > 位置情報ゲーム向け地図サービス『NAVITIME Maps SDK for Unity』の提供を開始

位置情報ゲーム向け地図サービス『NAVITIME Maps SDK for Unity』の提供を開始|ナビタイムジャパン

位置情報ゲーム向け地図サービス『NAVITIME Maps SDK for Unity』の提供を開始

2018年3月28


株式会社ナビタイムジャパン



 位置情報ゲーム向け地図サービス

『NAVITIME Maps SDK for Unity』の提供を開始



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2018年3月28日(水)より、位置情報ゲーム向け地図サービス『NAVITIME Maps SDK for Unity』の提供を開始いたします。


 『NAVITIME Maps SDK for Unity』とは、ゲームアプリで地図を使った画面を簡単に作成できるSDKです。本サービスはUnityに対応しており、誰でも簡単に表現豊かな地図表示を行うことができます。

 地図は日本国内すべて対応。さらに地形の高低差を立体的に表示できる「ジオラマ表示」、好きな色やテクスチャを使用した地図を表示できる「地図カスタマイズ」にも対応しています。

 また、クロスプラットフォームにも対応していますのでOSに依存しない開発を行うことが可能です。


 今後も『NAVITIME SDK』では、業界やお客様のニーズに合わせた機能拡充に努めてまいります。


●サービスイメージ

サービスイメージ(サイト用).png


●『NAVITIME Maps SDK for Unity』について

http://api-sdk.navitime.co.jp/sdk/map-unity/



「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 

その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。