トップ > プレスリリース > 2018年 > Android OS向け『ドライブサポーター』「渋滞時の休憩タイミング案内機能」を提供開始

Android OS向け『ドライブサポーター』「渋滞時の休憩タイミング案内機能」を提供開始|ナビタイムジャパン

Android OS向け『ドライブサポーター』「渋滞時の休憩タイミング案内機能」を提供開始

2018年8月8


株式会社ナビタイムジャパン



Android OS向け『ドライブサポーター』

「渋滞時の休憩タイミング案内機能」を提供開始

~カーナビアプリで日本初※1、渋滞情報をふまえた適切な休憩タイミングをご案内~



 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2018年8月8日(水)より、Android OS向けカーナビアプリ『NAVITIMEドライブサポーター』にて「渋滞時の休憩タイミング案内機能」の提供を開始いたします。


 本機能は、高速道路の走行中に渋滞が予想される場合、渋滞区間に入る前にサービスエリアやパーキングエリア(SA/PA)における休憩を促す機能です。渋滞に巻き込まれてしまった際に、トイレに行きたくなったり、燃料切れを起こしてしまったりするトラブルを未然に防げます。渋滞情報をふまえて休憩や給油タイミングを提案する機能は、カーナビアプリとしては日本で初めて対応しました※2


 走行中の経路に渋滞が予想される場合、トイレまたはガスステーションがあるSA/PAまでの所要時間を音声でご案内します。さらに、その次のSA/PAまでの所要時間も表示しますので、移動に最適な休憩タイミングを取ることができます。  

 また、すでに渋滞が発生している場合、現在時刻と比較して、30分後、60分後、90分後それぞれ渋滞が『解消傾向』にあるのか、もしくは『継続状況』にあるのかを表示します。渋滞が解消傾向にある場合、現在時刻と比較して「何分早く到着することができるのか」を数字でわかりやすくご案内します。

 今後の渋滞状況がわかるので「SA/PAに立ち寄って休憩し、30分後に出発したほうが良い」など、ドライブプラン検討の一助としてご利用いただけます。


 本機能は、iOS向け『NAVITIMEドライブサポーター』にも、順次対応予定です。

 ナビタイムジャパンでは、今後も快適なドライブに役立つ機能の拡充を図り、サービスの向上に努めてまいります。


※1 2018年8月8日(水)時点。ナビタイムジャパン調べ。

※2 本機能のご利用にあたっては、有料会員登録が必要です。


●サービスイメージ

サイト掲載用.png


●Android OS向け『NAVITIMEドライブサポーター』

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.navitimedrive



「NAVITIME」「ドライブサポーター」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。

その他、記載の会社名または商品名等は各社の商標または登録商標です。