トップ > プレスリリース > 2019年 > 『トラックカーナビ』『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』危険物積載車両規制の地図表示と考慮したルート案内が可能に

『トラックカーナビ』『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』危険物積載車両規制の地図表示と考慮したルート案内が可能に|ナビタイムジャパン

『トラックカーナビ』『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』危険物積載車両規制の地図表示と考慮したルート案内が可能に

2019年2月28


株式会社ナビタイムジャパン



『トラックカーナビ』『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』 

危険物積載車両規制の地図表示と考慮したルート案内が可能に

~危険物積載車両の通行禁止・制限区間を地図上に表示。回避ルートでより安全な運転を支援します。~


 

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、2019年2月28日(木)より、トラック専用カーナビアプリ『トラックカーナビ』、法人向け運行管理サービス『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』にて、危険物積載車両情報の地図表示と考慮したルート案内ができる機能を提供開始いたします※1


 本機能は、「危険物積載車」の設定をオンにすると、危険物積載車両の通行禁止・制限区間を地図上に表示し、自動的に回避するルートを検索・ナビゲーションできる機能です。危険物積載車両の規制情報を地図上に表示する機能の提供は、カーナビアプリにおいて日本で初めてです※2


 今回の対応により、地図上に規制区間をアイコンとラインで表示するので視覚的に確認でき、迂回ルートを探したり、運行計画を立てたりする際に便利にご利用いただけます。また、初めてのルートでも安心して走行することができるようになるため、より安全な運転をサポートできればと考えております。


 今後もナビタイムジャパンでは、運送業・トラックドライバーに役立つ情報や機能の拡充を行い、安心・安全な運転を支援できるよう、更なるサービスの向上に努めてまいります。


 なお、危険物積載車両規制に対応したルート検索や地図表示などの機能は、法人向け『NAVITIME API』でも提供を予定しています。例えば、本機能を運送業向けの配送システムや動態管理システムなどに簡単に組み込むことが可能になります。


※1 本機能は、『トラックカーナビ』有料会員もしくは『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』作業者用アプリでご利用いただけます。

※2 2019年2月28日時点。ナビタイムジャパン調べ。


●サービスイメージ

サイト掲載用.png

●『トラックカーナビ』について

高精度な到着予想時刻表示、車高・車幅・大型車規制などを考慮したルート検索、複数の訪問先の最適訪問順の自動計算、大型車が駐車可能な施設検索など、トラックドライバー向けに特化した日本初のカーナビアプリです。

iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/id1147473077?mt=8

Android OS: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.navitimetruck


●『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』について

法人企業様向けにスマートフォンを活用した動態管理およびカーナビゲーション機能を提供するクラウド型運行管理サービスです。

サービス紹介サイト:http://fleet.navitime.co.jp/


●『NAVITIME API』について

法人向けにルート検索や地図表示などの機能をAPIとして提供するサービスです。お客様の業務システムやWebサイト、スマートフォン向けアプリなどに簡単に組み込むことが可能です。

サービス紹介サイト:http://api-sdk.navitime.co.jp/api/


●サービスに関するお問い合わせについて

ナビタイムジャパン ビジネスナビタイム事業

メール:ntj-sd-hp@navitime.co.jp



「NAVITIME」「ビジネスナビタイム」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 

その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。