トップ > プレスリリース > 2019年 > ナビタイムジャパン、 中国人訪日客にWeChatアプリ向け『乗換NAVITIME』を提供開始

ナビタイムジャパン、 中国人訪日客にWeChatアプリ向け『乗換NAVITIME』を提供開始|ナビタイムジャパン

ナビタイムジャパン、 中国人訪日客にWeChatアプリ向け『乗換NAVITIME』を提供開始

2019年6月6


株式会社ナビタイムジャパン



ナビタイムジャパン、

中国人訪日客にWeChatアプリ向け『乗換NAVITIME』を提供開始

~WeChatミニプログラムにて乗換機能に特化したアプリ提供は日本企業として初、旅ナカの移動を支援~


 

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2019年6月6日(木)より、中国人訪日客にWeChat(ウィーチャット)アプリ向け『乗換NAVITIME』アプリの提供を開始いたします。中国テンセントが運営するスマートフォン向けアプリ『WeChat(ウィーチャット)』が運営するアプリサイト「ミニプログラム」にて、『乗換NAVITIME』を中国語(簡体字)でご利用いただけます。


 ミニプログラムは、WeChatアプリ内のメニューにタッチするだけで利用でき、各アプリをダウンロードする必要がなく、WeChat内でシームレスにアプリを利用することができます。ミニプログラム向けに日本の乗換機能に特化したアプリを提供するのは、日本企業として初めての試みとなります。


 WeChatアプリ向け『乗換NAVITIME』は、日本人向けにナビタイムジャパンが提供する乗換経路検索アプリをベースにしており、電車やバスなど公共交通機関を利用した駅to駅の乗換経路検索ができます。最大4つの経路(乗換回数・料金・所要時間・行き先)から検索でき、乗り継ぎしやすいホームも案内します。加えて、「拼音(ピンイン)」での駅名入力や「駅ナンバリング」、現在地周辺駅を優先表示する機能など、中国人訪日客に便利な機能も備えています。

 今回の対応では、中国のアプリであることと、ミニプログラムの特性を生かすことにより、中国本土で使い慣れたアプリ内での操作が可能となったほか、経路検索へのアクセスがよりスムーズになります。


 今後は、本アプリにおいて旅ナカの移動を支援する乗換機能に加え、航空券・ホテル予約などを拡充して旅ナカ機能を充実させていきます。さらに、ナビタイムジャパンがかねてより提供している中国内の都市交通乗換案内アプリの機能を統合していくことで、旅アトも継続して活用してもらえるアプリとなるよう、開発を進めてまいります。




※ 2019年6月6日(木)、ナビタイムジャパン調べ。

【サービスイメージ】
プレスリリース_サービスイメージ.png



●ご利用方法
WeChatアプリをダウンロード後、アプリ内のスキャン機能で右図を読み取ると『乗換NAVITIME』アプリが起動します。
QR.jpg
あるいは、アプリ内のミニプログラムにて「NAVITIME」で検索するとご利用いただけます。


「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。 
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。